ここから本文です

リオ五輪閉会式・引き継ぎセレモニー 演出家が語る“8分“の舞台裏

SENSORS 9/15(木) 21:00配信

2016年8月21日(日本時間22日)、第31回夏季オリンピック「リオデジャネイロオリンピック」が閉会した。閉会式には、2020年に次期夏季オリンピックを迎える東京に向けてのフラッグハンドオーバーセレモニーも含まれていた。

イラストレーター兼プログラマーが「留学」で得た職業とは?

そのセレモニーを演出するチームにはミュージシャン椎名林檎氏、広告業界からは佐々木宏氏、菅野薫氏など日本を代表するメンバーが含まれているが、SENSORSではPerfumeのライブ演出や振付、また、BABYMETALの振付も手がけるMIKIKO氏、同じくPerfumeの演出はじめ最新テクノロジーを駆使した演出、メディアアート作品を手掛ける真鍋大度氏の両氏に今回の挑戦を取材した。

--セレモニーお疲れ様でした。
演出家として関わられたお二人に伺います。今回の出来は何点でしたか?
そして、関係者および世界中の反響はいかがでしたか?

MIKIKO:あの状況でいうと120点?でしょうか?
ただ点数よりも何よりも当日のリオは雨が激しく、停電している地域もあったので閉会式が開催できただけでも万々歳でした。
そして、関係者の反応ですが、終了後にみんなからハグされて感動を分かち合えたのが嬉しかったです。ソチ五輪などのオリンピックセレモニーをはじめとする国際的なショウ演出を手掛けるマルコ・バリッチ氏からも絶賛していただいたり、後日IOCからは「長いオリンピックの歴史のセレモニーの中で一番よかった」というレターを頂いたりし、多くの方に喜んでもらえたのかな、と感じています。

そして、閉会式翌日に飛んだニューヨークのタクシー運転手にも閉会式の日本の演出が素晴らしかったと言っていただけて嬉しかったです。彼は我々が演出を担当したとは知らず日本人乗客としての我々にセレモニーの感動を伝えてくれたのも嬉しかったです。

真鍋:セレモニー中は、会場上部にあるコントロールブースからしか反応を見ることができず、観客の反応はリアルタイムではわかりませんでした。
ただ、終わってブースを出ると現地のスタッフが興奮していて、みんなからハグを求められてうまくいったんだなぁと実感しました。

--今回の演出でこだわったところを教えてください。

真鍋:演出そのものではないのですが、本番環境を構築して制作することが出来無かったため、映像や光のパターンを制作するためのツール開発に力を入れました。
マリオ以降のAR、プロジェクションとフレームの光、本番時のカメラワークのプレビューは全てこのソフトを用いて作られています。ダンス、映像、光を連動するために緻密な設計が必要でしたが、そういった部分が結果として日本らしさになっているのかもしれません。
現地のエンジニア達もシミュレーションソフトを見て驚いていました。

--「緻密さ正確さ」が「日本らしさ」につながっているのですね。
そして本番ギリギリまでプログラミングをしていたことに驚きと、取材しているいまも脇汗をかいちゃうドキドキが伝わってきます。
さて、今度はMIKIKOさんのこだわりも是非教えてください。

MIKIKO:わたしも最初にお話を頂いた際に、いつもやっていることをいつもの延長上で日本らしく表現できればと考えました。
オリンピック・パラリンピックのセレモニーで「いままで見たことが無いものって何かな?」って考えた時に、登場するダンサー達が一糸乱れず踊って見せるのって見た事ないな、と思ったのです。沢山のダンサーが楽しそうに踊っているのはいままでも見ていましたが、角度が正確に揃っているダンスを披露されたことはないな、と。なので、日本人の性格の様な几帳面なダンスを見せたいと考えました。

日頃、PerfumeやBABYMETALのメンバーにも「全員のフリが揃ってからこそ、各自の個性が見せられるんだよ」と伝えているのですが、そのことを今回のダンサー達にも伝え、角度のピッタリ揃ったダンスが日本らしさに伝わると考え、振り付けしました。

1/4ページ

最終更新:9/21(水) 14:39

SENSORS

なぜ今? 首相主導の働き方改革