ここから本文です

男女の関係?「本当に不徳の致すところだと思っております」…橋之助一問一答(1)

スポーツ報知 9月15日(木)0時0分配信

 15日発売の「週刊文春」で京都の人気芸妓との不倫疑惑が浮上した歌舞伎俳優・中村橋之助(51)が14日、都内で緊急会見を開いた。

【写真】週刊誌の不倫報道について「私の不徳の致すところ」と謝罪した中村橋之助

 ◆中村橋之助に聞く

 「このたびは私事で日頃お支え下さっている皆様、関係者の皆様に、本当に多大なるご迷惑をかけて深くおわびいたします。申し訳ございませんでした。なお一層、これから始まる襲名に向けて気を引き締めて芸事に精進したい」

 ―お相手はどういう方?

 「京都の先斗町の芸妓(げいこ)さんでいらっしゃいます」

 ―お付き合いにというのは?

 「私ども歌舞伎界と京都のそういう方たちとはすごく深いつながりがありますので。お目にかかったのは20年…以上前かな。年数ははっきりしないんですけど、とにかく私の不徳の致すところでございます」

 ―どんな方?

 「いつも支えていただいてる方でございます」

 ―個人的にお2人で会ったりしていた?

 「本当に私の不徳の致すところとしか申し上げることがない」

 ―とみにあっていた?

 「襲名のことがいろいろございまして、ご尽力いただくことが多かったということ」

 ―具体的に尽力とは?

 「襲名の興行は私ども歌舞伎役者にとっては大事業。皆様のお支えなくしてはとてもとても立ち行かない。お客様のことであったり、ご尽力いただきました」

 ―男女の関係はないと?

 「それは本当に不徳の致すところだと思っております」

 ―奥様にはどう報告を?

 「家内には、よくよくしっかり話しをしまして、しっかりと叱られました」

 ―どのように?

 「私ども夫婦間の仲というよりも、今回、第一に考えなくてはいけないのは、襲名興行でございますので。うちの家内も軽率な行動に対して怒りはあると思いますけど、それより何より、今夫婦でできることは、襲名で支えて下さった方に不快な思いをさせたということに、私は深く深くお詫び申し上げたいということ。それを家内とよくよく話しました。家内も関係者の方にお詫びで大忙しです」

 ―謝った?

 「もちろん謝ったのと同時に、うちはおかげさまで家内含めてよくよく話し合いをする家ですので、話し合うというのが前提。今回はとにかく私の不徳の致すところですが、夫婦にとっては襲名が大事というか、責務。それを優先して考えてます」

 ―お相手は奥様も知っているのか?

 「家内もよく知ってます」

 ―奥様は許す?

 「許す許さないよりも、襲名のことが先。まずそちらをお互いに務めるというのが第一」

 ―許してもらってない?

 「それは夫婦間のことでございますので。そういうことではなしに、襲名というのは、大きな大きな大名跡でありますし、僕の責任ですので。申し訳ないとか月並みな言葉ではなしに、日頃支えて下さる方が大勢いますから、その方たちを裏切ったということは、夫婦で許す許さないよりも、夫婦結束してそういう方たちにお詫びをして、月並みな言い方ですけど、芸事に精進して皆様にいい舞台をお見せすることが僕のできることだと思っております」

 ―お練りには(相手を)呼んだのか?

 「違います。いらっしゃったのは僕も知らなかった」

 ―その週に3回あった?

 「それは襲名に対してお力添えを賜ったということ」

 ―お練りがあることは女性も知っていた?

 「割と公表をしていたので皆さんご存じだったと」

 ―ホテルでは2人で会ってたのか?

 「それは私の不徳の致すところ。皆様にご迷惑をおかけすることが一番僕のいけないところ」

 ―お認めになると?

 「不徳の致すところでございます」

最終更新:9月15日(木)0時30分

スポーツ報知