ここから本文です

【映像】地中海 難民救助船で赤ちゃん誕生 アフリカ出身女性

アフロ 9月15日(木)18時30分配信

 アフリカからゴムボートでヨーロッパを目指していたナイジェリア出身の女性が12日、救助された船で元気な男の子を出産した。

 出産したのはナイジェリアからリビア経由でヨーロッパへ向かっていたナイジェリア出身のフェリスさんで、家族や他の移民・難民とともに11日に地中海で救助された。フェリスさんはリビアを発つ3日前からすでに陣痛が始まっており、すし詰め状態のボートの中で波に揺られ、胎児が上下に動くのを感じていたという。ストレスと分娩がいつ始まるか分からない不安を感じていた。

 フェリスさんらを救助し、救助船で出産に対応した「国境なき医師団」の助産師は、「フェリスさんは過酷な状況を過ごしていたが、うまく無事に出産できたと思う」と赤ちゃん誕生を祝福した。誕生は救出から24時間後のこと。男の赤ちゃんはニューマンと名付けられた。今後、国籍について話し合われる。(出生=地中海公海上、英領ジブラルタル籍の救助船)

 国境なき医師団によると2艇のゴムボートからフェリスさんらを含む392人を救助。141人が保護者のいない18歳以下の子どもで、フェリスさん以外に7人の妊娠した女性や1歳未満の乳児も乗っていた。助産師は、「移民・難民に関して否定的な意見が多いが、女性の話を15分聞けば逃げる理由がわかる。レイプ、拷問、監禁、売春強要など恐ろしい思いをしている女性がたくさんいることがわかる」と話した。

(イタリア 12日 映像:ANSA/アフロ)

最終更新:9月15日(木)18時50分

アフロ