ここから本文です

橋之助、京都の人気芸妓との不倫疑惑を謝罪「私の不徳の致すところ」

スポーツ報知 9月15日(木)0時0分配信

 15日発売の「週刊文春」で京都の人気芸妓との不倫疑惑が報じられる歌舞伎俳優・中村橋之助(51)が14日、都内で緊急会見を開いた。

【写真】「多大なご迷惑をおかけしました」と不倫報道を謝罪した中村橋之助

 集まったテレビカメラ16台、約100人の報道陣の前に黒のスーツ姿で現れた橋之助は冒頭、「このたびは多大なるご迷惑をかけて申し訳ありません」と深々と頭を下げた。

 不倫相手と報じられたのは、京都の花街・先斗町(ぽんとちょう)の人気芸妓・市さよ。今年、結婚25年の銀婚式を迎える妻・三田寛子(50)と25年前に挙式したホテルオークラでの密会も報じられたが、「歌舞伎界は京都の人たちとの深い付き合いがございます。(女性と初めて)お会いしたのは20年前でいつも支えて下さっている方です」と“不倫関係”を否定。「恋人か?」という質問には「私の不徳の致すところで申し上げることはないです」、「男女関係は?」と聞かれても「それは不徳の致すところと思っております」と続けた。

 10、11月の襲名披露興行(東京・歌舞伎座)で成駒屋の大名跡である8代目・中村芝翫(しかん)を襲名する橋之助。長男の国生(20)が4代目・中村橋之助、次男の宗生(18)が3代目・中村福之助、三男の宜生(よしお、15)が4代目・中村歌之助を継ぎ、史上初の親子4人同時襲名となる大舞台を前にしたスキャンダルに「芝翫という大きな名前を継ぐのを前に私の中に焦りやおごりがあった。不徳の致すところです」と深々と頭を下げ、謝罪した。

 妻の三田には「きつく、きつく叱られた。説教というより時間を忘れるくらい。妻には胸が張り裂けそうな思いをさせてしまった。とにかく、私の甘さだと思います」と時折、涙ぐみながら話し「離婚は?」という質問には「それはないと思います」ときっぱり答えた。

 「身勝手な発言ですけど、今は夫婦間のことも大事ですけど、当面は10月の襲名興行が滞りなく務まることが一番大切。襲名が終わったら、妻に楽をさせてあげたいなと思います」と話し、「不徳の致すところ」という言葉が7回飛び出した約25分間の会見を終えた。

 ◆中村 橋之助(なかむら・はしのすけ)本名・中村幸二。1965年8月31日、東京都生まれ。51歳。7代目・中村芝翫の次男。70年、「柳影澤蛍火」で初舞台。80年、「曾祖父5世・中村歌右衛門追善公演」で3代目・中村橋之助を襲名。91年に三田寛子と結婚。NHK大河ドラマ「毛利元就」(97年)など映像でも活躍。兄は7代目・中村歌右衛門の襲名を予定している中村福助。襲名披露興行は10、11月の東京から始まり、来年1月に大阪、6月に福岡、12月に京都で行う。

最終更新:9月15日(木)0時27分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。