ここから本文です

子育て経験をコンサートづくりに、ママも楽しめる空間 AIの取り組み

MusicVoice 9/15(木) 11:43配信

 2000年代にデビューした女性歌手が出産を経て、再びステージに立つケースが増えている。ファンの多くが同じ年頃で、10代や20代だったファンも子育て世代へと移行。コンサートでは親子連れも多くなっている。これまでも、耳を保護する子供用ヘッドフォンの配布などの取り組みはみられたが、自身の出産や子育て経験を活かし、親子でもコンサートを楽しんでもらえる環境づくりがおこなわれている。「Story」などの大ヒット曲で知られるAIもそのなかの一人だ。

【写真】カリスマ・ママブロガーLICOさんとの対談の様子

 AIは2000年に「Cry, just Cry」でデビュー。米国仕立てのソウルフルな歌唱力と、それとは対照的な愛嬌の良さで一躍人気を集める。代表曲に「Story」(2005年発売)や「Believe」(2008年発売)などがある。18歳でデビューした彼女も今は34歳。同じ世代のファンが多く、コンサートには子供と一緒に楽しむファンの姿が増えている。

 AI自身も、2015年に第一子となる女児を出産している。自身が子育てをおこなう立場になって改めて感じたのは子育ての大変さ。AIは、レコチョクが運営するサイト「WIZY」でその想いを「子育ての大変さを思い知りました」と語っている。

 AIもこれまでSNS上で家族の写真を投稿するなどはしていたが、育児の話題を書き込むファンが増えてきているという。そうしたなか日に日に強くなっていったのは「ママに安心してライブに来て楽しんでほしい」、「毎日頑張っているお母さんたちに、たまにはゆっくり息抜きもしてほしくて」という想い。

 そこで、新たな取り組みを始めた。それは、子どもがいても親が安心してコンサートが楽しめる空間づくりだ。

 デビュー15周年を迎えたAIは現在、13万人動員予定の3年ぶりとなる全国ツアー『THE BEST TOUR』を展開中。そのなかの、11月1日に開催する日本武道館公演で「PREMIUMプラン」という“ママ支援”企画「ママ安心プラン」と「子供連れママプラン」を展開する。

 「ママ安心プラン」は、ライブには行きたいが子供を預けることができない母親に向けた企画で、ライブチケットと「スマートシッタークーポン」がセット。「スマートシッタークーポン」は、スマートシッター社が提供する、家庭とベビーシッターのマッチングサービス。この「ママ安心プラン」では3時間相当分を利用できるクーポンが提供される。

 そして、もう一つの「子供連れママプラン」は、コンサート会場に「親子エリア」を設け、子供と一緒に観覧できるチケットプラン。4歳以上小学生以下の子供と同伴の場合のみ利用できるチケットで、ステージが見やすい「PREMIUMシート」に案内される。着席での観覧となる。3歳以下の子供1人までは膝上での鑑賞が無料だ。

 更に、AI自身が母親目線でデザインを手がけ、機能性とデザイン性を兼ね揃えたマザーズバッグもコアルー社とコラボ制作した。今回、育児中の母親の手助けになるようにと、AIオリジナル5WAYマザーズバッグを販売するという。

 AIは自身の経験を踏まえ、こう語っている。

 「昨年、私も初めての出産をしまして、子供の可愛さに日々感動してます。でも、それと同時に子育ての大変さを思い知りました。そこで赤ちゃんがいても親が安心してライブを楽しめるように日本武道館公演のPREMIUMプランをたちあげることになりました。この機会に私の初ベストツアーを楽しんでもらえると嬉しい」

 デビュー当時は、多くが10代、20代だったファン層も子育て世代へと移っている。親子二世代、三世代が楽しめる空間づくりは、コンサートのみならず、プロ野球などにもみられる要素で、アミューズメントパーク化の流れの一端とも言えそうだ。

 ◆AIプロフィール  米国ロサンゼルス生まれの鹿児島育ち。ゴスペルクワイアーで鍛えた本格的な歌唱力。L.A名門アートスクールで学んだダンスセンス。完璧な英語、バイリンガルでラップもこなせるストリート感覚。アンダーグランドからオーバーグラウンドまで支持を得る。「Story」や「ハピネス」「みんながみんな英雄」など時代を彩る大ヒットソングを世に発信し続ける。EXILE ATSUSHIや安室奈美恵など国内トップアーティストをはじめ、ザ・ジャクソンズ、チャカ・カーン、スヌープ・ドッグなど国境を越えたレジェンド・アーティストとのコラボレーションも多数おこなっている。「日本が世界に誇るグローバル・スタンダード・アーティスト」とも称される。

最終更新:9/15(木) 12:58

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]