ここから本文です

ONE OK ROCK、自身最大規模の会場 圧倒的存在感で11万人を魅了

MusicVoice 9月15日(木)15時5分配信

 ロックバンドのONE OK ROCKが10日と11日に、静岡・渚園特設会場で今年初のワンマンライブ「ONE OK ROCK 2016 SPECIAL LIVE IN NAGISAEN」を開催した。新曲「Taking Off」や、懐かしい初期の楽曲までアンコール含め全22曲を披露。圧倒的な存在感で2日間計11万人のファンを大いに盛り上げた。

 この2日間で、会場には計11万人のファンが駆けつけ、熱狂の渦に巻き込まれた。ライブでは先日映画のタイアップが発表されたばかりで、9月16日に全世界同時配信される新曲「Taking Off」や、懐かしい初期の楽曲まで、存分にパフォーマンスを繰り広げ、観客を盛り上げた。

 このONE OK ROCK 史上最大規模となったステージで、アンコール含め全22曲、約2時間半のライブを行い、その圧倒的な存在感を知らしめた。またライブ最後には、来年にアルバムをリリースし、ツアーを開催する事を言い残し、大歓声の中、メンバーはステージを降りていった。

 なお、このライブの模様は11月20日にWOWOWにてオンエアされることが決定。放送時間などは決定次第アナウンスされる。

■セットリスト

ONE OK ROCK

「ONE OK ROCK 2016 SPECIAL LIVE IN NAGISAEN」

01.Re:make
02.じぶんROCK
03.Cry out
04.Clock Strikes
05.20 years old
06.Deeper Deeper
07.Let's take it someday
08.カゲロウ
09.Always coming back
10.the same as...
11.Be the light
12.C.h.a.o.s.m.y.t.h.
13.[INST]
14.Take me to the top
15.アンサイズニア
16.Taking Off
17.The Beginning
18.Mighty Long Fall
19.Nobody's Home

<アンコール>

20.Wherever you are
21.キミシダイ列車
22.完全感覚Dreamer

最終更新:9月15日(木)15時5分

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。