ここから本文です

シャンプー詰め替えいらず!牛乳パック型の紙容器が登場

ニュースイッチ 9月15日(木)14時50分配信

日本製紙がサンプル出荷。これで液が残るイライラ解消される?

  日本製紙はシャンプーなどを詰め替えずディスペンサーを取り付けて使う紙容器システム「SPOPS(スポップス)」を開発した。使用方法は専用ディスペンサーの内側に、一般的な牛乳パックと同じ切り妻屋根型の紙容器(ゲーブルトップ)を逆にしてセットするだけ。10月4日から東京・有明の東京ビッグサイトで開かれる東京国際包装展「TOKYO PACK 2016」に出展し、サンプル供給を始める。

 シャンプーやリンスなどは容量が大きいディスペンサー付きのボトルタイプが主流となり、パウチ容器入り製品から詰め替えて使われることが多い。同社は紙容器の用途拡大を探る中で「パウチ容器からの詰め替え時にこぼれたり、液が残ってしまったりすることが消費者のイライラ感になっている」(金子知生企画本部パッケージング・コミュニケーションセンター長)ことに注目し、スポップスの開発に取り組んだ。

 紙容器の底部はディスペンサーの吸い上げパイプが簡単に差し込める構造になっており、逆さになった切り妻屋根型の奥まで到達するので使い残しがほとんどなくなる。

 化石資源由来のパウチ容器から紙容器に切り替えることで環境負荷を低減し、箱形なので梱包(こんぽう)・輸送効率や店頭での陳列も容易になる。

最終更新:9月15日(木)14時50分

ニュースイッチ