ここから本文です

穂積絵莉/加藤未唯組 ストレート勝ちでベスト4進出<女子テニス>

tennis365.net 9/15(木) 16:41配信

橋本総業ジャパンウィメンズオープン2016

女子テニスツアーの橋本総業ジャパンウィメンズオープン2016(日本/東京、ハード、WTAインターナショナル)は15日、ダブルス準々決勝が行われ、穂積絵莉(日本)/ 加藤未唯(日本)組がD・ハンチュコバ(スロバキア)/ A・リスケ(アメリカ)組を6-0, 6-4のストレートで下し、ベスト4進出を果たした。

大坂なおみ 自己最高位記録

この試合、穂積/加藤組は5度のブレークに成功し、わずか59分で勝利した。
今大会は1回戦で第2シードのK・ボンダレンコ(ウクライナ)/ C・チュアン(台湾)組を下しての勝ち上がり。

準決勝ではJ・ロー(英国)/ A・スミス(イギリス)組と対戦する。

穂積/加藤組は先日行われた全米オープンでシード選手らを下し、3回戦進出を果たしていた。

また、同じ日本勢では青山修子(日本)/ 二宮真琴(日本)組が1回戦で第1シードを下して勝ち上がり、D・Schuurs(オランダ)/ R・ボラチョーバ(チェコ共和国)組と準々決勝で対戦する。

tennis365.net

最終更新:9/15(木) 16:41

tennis365.net