ここから本文です

真相はわからぬまま… 浅名市議も辞職願提出/富山

チューリップテレビ 9/15(木) 22:12配信

 白紙の領収証を使って政務活動費を不正に受け取っていた、自民党の浅名長在エ門富山市議が、15日、議長に辞職願を提出しました。
 その後、取材に応じた浅名氏は、不正をした額やその内容について、あいまいな回答を繰り返し、真相はわからないままです。

 浅名長在エ門市議は、15日、市田龍一議長に辞職願を提出しました。

 「本当にすみませんでした」(自民党・浅名長在ェ門市議)

 浅名市議が不正受給したのは、おととし10月と去年1月の2回。
 家族に指示して、白紙の領収証に金額を記入し、政務活動費およそ4万6000円を不正に受けとりました。
 領収証2枚のうちの1枚1万6000円分は、実際には開いていない市政報告会での茶菓子代で、購入したものは、来客に配ったとしています。
 自身の認識としては、1万6000円分の茶菓子を実際に買ったとしていますが…

 「何回も買っているから、ひょっとしたら買っていないかもしれないし、わからないんです。日が経ってしまって」(浅名市議)

 また、もう1枚の3万円あまりの領収証については、実際に茶菓子は買ったが領収証をもらわなかったため、白紙の領収証に金額を記入しただけで、水増しは行っていないと説明しました。

 「これだけ私は悪いということを認めたわけだから、すっきりしています。二十数年間議員をやってきて、こんな辞め方は残念だけれども、市民に嘘をついたということは私の責任でありますから、快く辞めます」(浅名市議)
 受け取った金額は、会派で調べた上で、全額返還するとしています。
 浅名市議の辞職は、今月21日の市議会・本会議で承認される見通しです。

チューリップテレビ

最終更新:9/15(木) 22:12

チューリップテレビ