ここから本文です

鶴瓶が見せたSMAP中居正広への気遣いに大きな反響。「べーさん優しい」「ハグして欲しかった」

E-TALENTBANK 9月15日(木)21時30分配信

14日放送の日本テレビ系「ザ!世界仰天ニュース」でタレントの笑福亭鶴瓶が、SMAPの中居正広に見せたさりげない気遣いが話題を集めている。

番組冒頭、司会の鶴瓶と中居がスタジオに登場すると、鶴瓶は唐突に「お前もな、強がり言うてるけど、ぎゅ~っとハグして欲しい時もあるやろ?」と、中居に話を振った。突然の“ハグトーク”に客席からは冷やかしの声が上がっていたが、中居は顔をしかめ少し引いた様子を見せていた。

鶴瓶は尚も「お父さんもお亡くなりになったしやで、一緒に近くに住んでないねんから」とコメントした。これを受け、中居は「親父が生きてたとしても、親父にぎゅ~っとして欲しくはない」と断言し、「べーさんにぎゅ~って、『べーさんぎゅ~って俺のことして!』って、それは1ミリもないわ」と、鶴瓶の提案をバッサリ切り捨ててスタジオの笑いを誘っていた。

視聴者からは「オープニング2人でハグして欲しかった」「中居くんの心情を想う鶴瓶なりの思いやり。心ごとそっとハグしてるのと同じ」「べーさん優しいな」「鶴瓶さんの優しさと中居くんらしい照れの返し」などと、収録時期は不明だが、グループ解散騒動の渦中とあって、鶴瓶のさりげない気遣いには大きな反響の声が寄せられていた。

最終更新:9月15日(木)21時30分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。