ここから本文です

海上や港の「国際テロ」に備え 小名浜港で合同テロ対策訓練

福島民友新聞 9月15日(木)10時57分配信

 小名浜港と相馬港の合同テロ対策訓練が14日、いわき市の小名浜港で行われ、関係者が国際テロなどの発生に備えた。

 県や海上保安部、県警、両港周辺の企業などから約130人が参加。訓練は、国際指名手配中のテロリストが船で小名浜港に接近し、同港藤原ふ頭に侵入しようとしているとの想定で行われた。

 参加者は、出入りする車両の点検や、警備員がテロリストから発砲された場合の救助や通報の訓練に取り組んだ。海上では、不審船への対応や、船内の捜索などの対応を確認した。

福島民友新聞

最終更新:9月15日(木)10時57分

福島民友新聞