ここから本文です

政府が川俣・山木屋地区「避難解除」説明 時期を巡り反対意見も

福島民友新聞 9月15日(木)11時16分配信

 政府が来年3月31日に川俣町山木屋地区の避難指示を解除する方針を示したことを受け、町と政府は14日、同町で住民説明会を開いた。出席した約200人の住民からは避難指示解除の時期について反対意見も出たが、政府は来年3月末の避難指示解除の正式決定に向けて準備を進める意向を示した。

 説明会では、出席者に対し、来年3月末の避難指示解除について異論がないか諮る場面があり、放射線量に対する不安などから反対する意見もあった。また、出席者から営農再開に対する支援や仮置き場の解消、里山除染の実施などを求める声が出た。

 政府の原子力災害現地対策本部の後藤収副本部長は説明会後、報道陣の取材に「さまざまな意見がある。帰りたい人もおり、早く解除時期を決めてくれとの声もある。来年3月末を変更する必要はなく、住民の意見を踏まえて正式に決めていきたい」と述べた。

福島民友新聞

最終更新:9月15日(木)11時16分

福島民友新聞