ここから本文です

“岡崎が出場しなくて寂しい”と語るレスターのラニエリ監督 CLベンチ外の理由は「身長」?

theWORLD(ザ・ワールド) 9月15日(木)19時10分配信

次節に期待

日本代表FW岡崎慎司擁するレスターは14日、チャンピオンズリーグ開幕戦でクラブ・ブルージュと対戦し、3-0の快勝を収めたが、そこに岡崎の姿は無かった。

昨季はクラブ創設以来初となるプレミアリーグ優勝を成し遂げたレスター。突出した運動量を誇る日本人ストライカーもその偉業に貢献し、ジェイミー・バーディやリヤド・マフレズらと共に個性溢れるスカッドを形成していた。もちろんチャンピオンズリーグでもそのキレのある動きに期待がかかっていたが、イタリア人指揮官クラウディオ・ラニエリが重要なCL初戦で選んだのは岡崎ではなく、新加入FWイスラム・スリマニだ。結果としてレスターは1-4で大敗を喫したリヴァプール戦を払拭するかのような好ゲームを披露。試合後にラニエリは日本代表FWを外した理由について次のように語った。英『Daily Mail』が伝えている。

「この試合のピッチ上に岡崎が居なかったことはとても寂しい。チームはセットプレイを制するために高身長の選手を必要としていた。よって私はウジョアとムサをベンチ入りさせ、岡崎をスタンドに残した。最前線に5つのオプションがあるというのは素晴らしいことだよ」

190cmを誇る長身のウジョアが岡崎(174cm)よりも空中戦で猛威を振るうことは明白だが、ムサに関しては170cmで岡崎よりも低い。では、フィジカル能力に優れたムサのジャンプ力に期待を込めたのだろうか。いずれにせよ、この一戦ではストライカー陣における岡崎の序列は最下位となっており、一刻も早くスタメンへと復帰してもらいたいものだ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:9月15日(木)19時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。