ここから本文です

大型補強ユヴェントスは本当にUCL優勝候補か アッレグリ「市場で素晴らしい動きを見せたが……」

theWORLD(ザ・ワールド) 9月15日(木)20時10分配信

セビージャ相手に引き分けスタート

14日にチャンピオンズリーグ・グループステージでセビージャと対戦したユヴェントスは、試合を支配しながらもスコアレスドローに終わった。今夏に大型補強を敢行したユヴェントスは今大会の優勝候補の一角に挙げられているが、ホームで引き分けスタートとなってしまった。

セビージャも難敵だが、指揮官マッシミリアーノ・アッレグリは今回のドローに落胆しているわけではない。伊『Gazzetta dello Sport』によると、アッレグリは市場での動きがチャンピオンズリーグ制覇に繋がるわけではないと語り、改めてチャンピオンズリーグが難しい大会であることを強調した。

「ユヴェントスは昨季、一昨季と同じ野心を抱いている。それ以上でも以下でもない。我々は移籍市場で素晴らしい動きを見せたが、チャンピオンズリーグを制する義務が生じる訳ではない。チャンピオンズリーグは簡単な大会ではないからだ。我々はチャンピオンズリーグ、リーグ戦、国内カップ戦にもトライする義務がある」

ユヴェントスの陣容、組織力があればチャンピオンズリーグ制覇も夢ではないが、アッレグリはそれほど甘くは考えていない。バルセロナやバイエルンらライバルチームは快勝でスタートさせたが、ユヴェントスは彼らと競い合えるレベルにあるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9月15日(木)20時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。