ここから本文です

オール阪神「嫁に元気になってほしい」

Lmaga.jp 9月15日(木)10時30分配信

映画『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』で主人公の声を担当した本田望結とオール阪神・巨人が9月14日に大阪市内で行われた公開記念イベントに出席。心優しい巨人と10歳の少女が心を通わせる映画とあって、背丈も年代も飛び越えて、笑顔あふれるトークを披露した。

見事なツッコミを披露したオール巨人

3人並んで、頭2つ分は余裕で大きいオール巨人と、「(本田と)私と身長変わらへん、さみしい」と語ったオール阪神。「本当にかわいいんで、こっちがどういう対応したらいいのか困りますよね。嫌われたらどないしよう」と本田の真面目でかわいらしい受け答えを、2人は大絶賛。

今回の映画では、巨人が子どもたちに夢を与えていくことから、どんな夢がほしいか尋ねられ、オール阪神は「あとは健康になるだけで。トイレも近なりましたし、糖尿病の薬も飲んでいますしね」とコメントしたところ、「楽屋で言うてたやん、嫁さんに元気になってほしいって」と促すオール巨人。「うちの家内が大腿骨骨折で、今日もここに来るまでに風呂に入れてきたんですよ。毎日入れています。早く骨が治るように。あと、うちの嫁が優しくなるように。そしてうちの嫁が『オイッ!!』というをやめてくれるように」。最後は恐妻家ならではのひと言を付け加えた。

そして、今年、アルバム『男の子守唄』をリリースしたオール巨人は「演歌・歌謡ランキングで初登場2位を獲得しまして。で、夢みたいやけれど、紅白に出てみたいなと。あとは、イメージ的に、僕オール巨人は世間に怖いと思われているんですよ(『怖いよ』とオール阪神が相づち)。体が大きい人はやさしい人が多いと思う。ぜひ、いいイメージを持っていただきたい」と述べたところ、本田は「こわない、すごいやさしい」と、まさに映画の巨人と少女のようなシーンを繰り広げた。映画の公開は9月17日。

最終更新:9月15日(木)11時33分

Lmaga.jp