ここから本文です

デヴィッド・ボウイ集大成ボックス第2弾日本盤特典発表! 海外盤共通ブックレットにはバロウズとの対談掲載

Billboard Japan 9月15日(木)12時50分配信

 デヴィッド・ボウイの1969年以降のキャリアを集大成するボックス第2弾となる『WHO CAN I BE NOW? 1974-1976』。2016年10月19日にリリースとなる日本盤のスペシャル封入3大特典が決定した。

日本盤特典 写真

 特典の1つ目は、デヴィッド・ボウイの生涯の友人、この時代のボウイのツアーやレコーディングにも参加していた写真家であるジェフ・マコーマックの貴重なボウイ写真による16Pのフォトブック『GOLDEN YEARS 1973-1976』。2つ目は、同じく16P予定のスペシャル・ブックレットで、オリジナルアナログLP盤ライナーノーツや当時の日本盤シングル盤、また雑誌記事等をフィーチャーしたもの。3つ目は、『WHO CAN I BE NOW? 1974-1976』特製トートバッグの200名様プレゼント抽選応募券となる。

 また、9月23日の輸入盤発売に先駆けて、オリジナル・アートワークによる、カラー128Pオリジナル・ブックレット(CD)の内容も明らかに。巻頭には『ローリング・ストーン』誌1974年2月28日号の再掲となる、ウィリアム・バロウズ&デヴィッド・ボウイのスペシャル対談が掲載され、その他、ボウイ手書きの「未来の伝説」の歌詞原案、プロデューサー、トニー・ヴィスコンティとハリー・マスリンによる各々のアルバムのプロダクションノート、アルバム発表当時の『メロディ・メイカー』誌や『ローリング・ストーン』誌などのレビュー記事やライブレビュー記事などが掲載される。 もちろん写真も、アンディ・ケント、スティーヴ・シャピロ、テリー・オニール、ギスバート・ハイネコート、ジェフ・マコーマック等の撮影によるボウイの秘蔵写真が多数掲載。日本盤は、バロウズとボウイのスペシャル対談はじめ、ほぼすべての対訳が日本語ブックレットにまとめられる。



◎『WHO CAN I BE NOW? 1974-1976』
[12DISC]WPCR-17491/7502 / 22,000円+税
<オリジナル・アートワーク(ヨーロッパ制作)>
(1)各アルバムはオリジナルLPを可能な限り忠実に再現した紙ジャケット仕様
(2)カラー128ページ・オリジナル・ブックレット
<国内盤独自アートワーク(日本制作)>
(1)日本語ブックレット:書き下ろしライナーノーツ/英文ライナー対訳
(2)日本盤のみスペシャル封入3大特典
・16Pフォトブック『GOLDEN YEARS 1973-1976』
・スペシャル・ブックレット(16ページ予定)
・DAVID BOWIE 『WHO CAN I BE NOW? 1974-1976』特製トートバッグ 200名様プレゼント抽選応募券

最終更新:9月15日(木)12時50分

Billboard Japan