ここから本文です

山下達郎×『龍が如く』異色コラボ実現「私の歌で本当によろしいのでしょうか(笑)」

Billboard Japan 9月15日(木)15時30分配信

 デビュー40周年イヤーを記念して、全国35都市64公演に渡り行われた全国ツアーを大盛況のうちに終わらせたばかりの山下達郎。そして、9月14日にはフジテレビ系木曜22時ドラマ『営業部長 吉良奈津子』主題歌で通算49枚目となるニューシングル『CHEER UP! THE SUMMER』をリリースしたが、このたび本人初となるゲームソフトへの楽曲提供が決定した。

山下達郎×『龍が如く』写真一覧

 そのゲームは、シリーズ累計800万本を突破したセガゲームスの大人気アクションアドベンチャーゲーム『龍が如く』シリーズの最新作『龍が如く6 命の詩。』。企画の産みの親である名越稔洋総合監督自らの、音楽体験のルーツにあるという山下達郎の音楽をいつか『龍が如く』に使用したいという熱い想いを受け、この度、その最新作に主題歌として起用される「蒼氓(そうぼう)」をはじめ、「希望という名の光」「飛遊人-Human-」「片想い」「アトムの子」合計5曲が楽曲提供されることになった。

 そんな中、9月15日【東京ゲームショウ2016】セガブース特設シアターで、『龍が如く6 命の詩。』の最新映像を上映。本シアター映像で初めて山下達郎の楽曲が、『龍が如く』の映像とコラボレーションする。

 ビートたけしをはじめ、藤原竜也、小栗旬、真木よう子、宮迫博之、そして大森南朋と、大作映画級の豪華俳優陣の出演による熱い人間ドラマをよりダイナミックに、情感溢れるものとして盛り上げていく。ぜひ注目してほしい。

◎山下達郎コメント
1980年代初期、パソコン用のソフトから始まった私のRPGゲーム歴も、21世紀に入ったあたりでひとまず卒業となりました。
「龍が如く」の登場はその直後で、完全にすれちがいでした。遅まきながら各ゲーム誌などを読みつつ復帰させていただきます。
ゲームへの楽曲提供も生まれて初めてです。お仲間に加えていただき、ありがとうございます。
ですが、こんな硬派なストーリーに私の歌で本当によろしいのでしょうか(笑)。
お手やわらかに。押忍!

◎名越稔洋氏『龍が如く』シリーズ総合監督コメント
聴く人の心にずっと残り続ける山下達郎さんの楽曲を『龍が如く6』に使わせていただけることは感無量の一言です。エモーショナルな楽曲からパワフルな楽曲まで、個人的にも大好きな名曲ばかりをご提供いただけました。わがままを聞いてもらって感謝いたしております。
でも今回の”命の詩。”と名づけたドラマに本当にハマっております! 間違いないです!!

最終更新:9月15日(木)15時30分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。