ここから本文です

元恋人ティンバーレイク&ブリトニー、新たなコラボ実現なるか

Billboard Japan 9月15日(木)15時30分配信

 元恋人同士のブリトニー・スピアーズとジャスティン・ティンバーレイクが、新たなコラボレーションにそれぞれ積極的な姿勢を見せていることが明らかになった。2人は14年以上前に交際していた。

 数週間前、ラジオ番組『Most Requested Live with Romeo』のQ&Aコーナーにて、誰とスタジオに入りたいかとの質問にブリトニーは、迷わずエアロスミスのスティーヴン・タイラーとグウェン・ステファニー、そしてジャスティン・ティンバーレイクの名を挙げた。「ジャスティン・ティンバーレイクは、すごくいいわ」とも話していた。

 そして先週末、【トロント国際映画祭】にてNetflix(ネットフリックス)のドキュメンタリー番組『Justin Timberlake + the Tennessee Kids』のプロモーションのため、E! Newsのレポーターと話していたティンバーレイクは、スピアーズがそう言っていることを聞き驚いた様子をみせた。自身の「クライ・ミー・ア・リバー」の歌のような失恋相手に、自分とコラボする気があると聞いたからだ。

 ブリトニーのコメントを聞いたティンバーレイクは、「彼女がそう言ったの? もちろん! 大賛成さ。17か月の子供がいるからマスコミが取り上げるようなニュースは読まないんだ。知らなかったことを謝るよ……いつでも連絡くれよ、電話ちょうだい!!」と答えている。2人は以前、ブリトニーの2001年のアルバム『ブリトニー』に収録された「ワット・イッツ・ライク・トゥ・ビー・ミー」でデュエットした。

 ブリトニー・スピアーズが同質問に答える様子は、現在YouTube上(https://www.youtube.com/watch?v=NitJMkJE51o)で視聴でき、4分あたりのところでティンバーレイクについてコメントしている。

最終更新:9月15日(木)15時30分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。