ここから本文です

不屈のザナルディ、パラリンピックで3つめの金メダル

オートスポーツweb 9/15(木) 10:33配信

 元F1ドライバーでCARTチャンピオンのアレッサンドロ・ザナルディが、リオデジャネイロ・パラリンピックの自転車競技に参加、自身3つめの金メダルを獲得した。

【関連写真】アレックス・ザナルディ、ハンドサイクル競技で活躍

 イタリア出身のザナルディは、1991年から1994年にF1に参戦。1996年からCARTに転向、1997年と1998年にタイトルを獲得した。1999年にF1で活動した後、2001年にCARTに復帰するが、9月15日、ドイツ ラウジッツリンクでの大クラッシュにより一時は生命が危ぶまれるほどのけがを負い、両足を切断した。

 しかしザナルディはその後もWTCCでレースを継続。ハンドサイクルでのパラリンピック出場を目指し、WTCCから引退した後、ロンドン パラリンピックで、H4ロードタイムトライアル、ロードレースの2部門で見事、金メダルをつかんだ。


 14日、リオで行われたハンドサイクル H5タイムトライアルにおいてザナルディは優勝を果たし、3つめの金メダルを勝ち取った。

「長い道のりだった。ロンドンでのパラリンピックが終わった翌日から、この旅路が始まったんだ。その日、僕は人生における新しい領域を目指そうと決めた。それがリオだった」と現在49歳のザナルディ。

「何年も準備にあたり、ここに来た。僕が好きなタイプのコースではないけれど、最終的には金メダル獲得という素晴らしい経験を味わうことができて、最高だ」

「1周目を終えた時点では3位で、トップから20秒も遅れていた。厳しい状況だった。それでもプランに従って、こぎ続け、プロジェクトを実行した。だからこそ、2.7秒差で金メダルをつかむことができて、より一層感慨深い。本当に本当にハッピーだ」

 水曜のタイムトライアルに続き、ザナルディはロードレース、ロードリレーにも出場する予定だ。

[オートスポーツweb ]

最終更新:9/15(木) 10:37

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]