ここから本文です

追い詰められたクビアト、F1シンガポールからの数戦が「将来への鍵」

オートスポーツweb 9月15日(木)12時13分配信

 ダニール・クビアトは、混乱に満ちた2016年のF1シーズンに「追い詰められていた」ことを認めている。 

サインツJr.「シンガポールはポイント獲得の最後のチャンス」

 今季序盤、クビアトはマックス・フェルスタッペンに自身のシートを奪われ、古巣のトロロッソへと出戻ることとなった。移籍後のスペインGPからの成績を比較すると、チームメイトのカルロス・サインツJr.がこれまでに26ポイントを獲得しているのに対し、クビアトは2ポイントと低迷している。

 8月上旬からのサマーブレイク前のクビアトは、マシンからも良い感触を得られず、自身の将来を懸念していたと言う。

「輝かしい未来なんて、ないみたいに思っていた。正直に言えば、本当に休息が必要だったんだ。ストレスや考えごと、プレッシャーなどが蓄積している状態だった。そういったものが積み重なりすぎて、追い詰められた状態にあったけれど、気持ちを開放することはできていた」

「チームにとって、この2戦(高速サーキットのスパとモンツァ)が、マシンに合わないものであったことは不運だった。僕は目立たなかったけれど、物事を最適化することに取り組んでいた。エンジニアも冷静になっていたのが良かった」

「これからの3戦か4戦はコース特性がマシンに合うので、よりポテンシャルを発揮できる。簡単なことではないけれど、事態を正しい状態に戻す必要がある。そしてコースに出て、楽しもうと思う」

 レッドブルのジュニアドライバーであるピエール・ガスリーは、GP2でランキングトップに付けている。クビアトは今後の数戦が、将来に向けての鍵となることを理解している。

「当然ながらレッドブルは僕(の将来)に関して、大きな影響力を持つ。F1は、何が起きてもおかしくないスポーツだ。これまでの5年間は浮き沈みが激しく、この6カ月間は、事態が大きく異っていた。仕事をする上で、快適だったとは言えない」

「自分のポテンシャルは発揮できていると思うので、なにも問題はない。コースに出ているときは、すべての時間を楽しんでいるよ。集中できているし、エンジニアとも上手く仕事ができて、マシンの限界にどんどん近づけている。これまでのベストなレースはバクーとモナコだったから、(もうひとつの市街地コースである)シンガポールでも、そうなることを望んでいる」

[オートスポーツweb ]

最終更新:9月15日(木)12時14分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]