ここから本文です

沖縄「やんばる国立公園」きょう指定 全国で33カ所目

沖縄タイムス 9月15日(木)5時0分配信

 環境省は15日、国内最大級の亜熱帯照葉樹林が広がる沖縄本島北部地域を「やんばる国立公園」に指定する。環境省が同日午前、官報で告示。分割・再編や拡張でない新規指定は2014年の慶良間諸島以来、2年半ぶりで、全国33番目となる。

 同省は、やんばる国立公園の指定区域を含む「奄美・琉球」について、最短で2018年の世界遺産登録を目指している。登録には自然環境の厳格な保護が求められており、国立公園化で開発を規制し、希少種などが生息する環境を守る体制を強化する。国頭、大宜味、東の3村一帯の森林や海域で構成される国立公園の面積は、陸域1万3622ヘクタール、海域3670ヘクタール。

 国立公園指定に伴い15日午前11時から、国頭村のやんばる野生生物保護センターで3村長と比嘉奈津美環境政務官らによる合同記者会見がある。

最終更新:9月15日(木)7時25分

沖縄タイムス

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。