ここから本文です

<辺野古訴訟>翁長知事、県側勝訴に期待感 国に改めて協議求める

沖縄タイムス 9月15日(木)12時0分配信

 翁長雄志知事は15日の定例会見で、16日の名護市辺野古の埋め立て承認取り消しを巡る違法確認訴訟の判決に関し、「私どもの考え方の方が理解して頂けると思う」と述べ、県側勝訴の判決に期待感を示した。

 知事は、判決は「地方自治の在り方、沖縄の民意、民主主義への考え方が大きく関与する」と指摘。裁判所や国地方係争処理委員会が問題解決に向け国と県に協議を促したことに触れ、「協議が問題解決の柱になる」と述べ、辺野古への移設が唯一の解決策とする国に、改めて実質的な協議を求めた。

 また、15日に本島北部地域がやんばる国立公園に指定されたことには、「自然環境の保全と地域振興面から有益で、大変喜ばしい」と歓迎した。

 一方、北部訓練場に隣接する国立公園上空をオスプレイなどの米軍機が飛行することに関しては、「希少動植物などへの影響は極力ない方がいい」と指摘。県として自然を生かした北部の魅力づくりに力を入れる考えを示した上で、県が独自で実施している北部地域での米軍訓練による騒音などの調査結果を精査する意向を示した。

最終更新:9月15日(木)12時50分

沖縄タイムス