ここから本文です

広島、快勝でファンにV報告 緒方監督「25年間お待たせしました!」

ベースボールキング 9月15日(木)21時59分配信

○ 広島 5 - 0 巨人 ●
<24回戦・マツダスタジアム>

 広島が完封勝ちで3連勝。これがリーグ優勝決定後初の本拠地勝利となり、試合後に行われた優勝セレモニーでは、緒方監督が「25年間お待たせしました!」と改めてファンに優勝を報告した。

 試合は0-0の4回、8番石原の中犠飛で先制。7回は相手の失策で追加点を奪うと、8回には二死満塁から、1番田中がダメ押しとなる3点二塁打を放った。

 先発の岡田は5回2安打無失点の好投で4勝目(3敗)。6回以降は一岡、今村、大瀬良、オスカルと繋ぎ、見事な完封リレーを達成した。

 快勝での優勝セレモニー突入に、選手、首脳陣、そしてファンも笑顔。同セレモニーで緒方監督が「今日も熱いご声援を本当にありがとうございました。9月10日、東京ドームでセ・リーグ優勝を決めてきました。地元・マツダスタジアムで決めたかったというのが本心ではありますが、こうして皆様の前で優勝報告ができて大変うれしく思っています」と報告すると、ファンから大きな拍手が送られた。

 指揮官はさらに「昨年は4位という不甲斐ない成績でしたが、今年も開幕から全試合スタンドを真っ赤に染めていただき本当にありがとうございました」などと熱弁。最後は「25年間、長い間お待たせしました! ファンの皆様、おめでとうございます!」と声を張り上げ、改めて喜びを分かち合った。

 選手、首脳陣はその後、チャンピオンフラッグを掲げながら球場内を一周。さらに記念撮影を終えるとマウンドを中心に輪を作り、ファンとともに万歳三唱でセレモニーを締め括った。

BASEBALL KING

最終更新:9月16日(金)0時11分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月29日(木)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。