ここから本文です

父さんパンダ永明の誕生会

紀伊民報 9/15(木) 17:00配信

 和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドは15日、同施設のパンダ舎(ブリーディングセンター)で雄のジャイアントパンダ「永明(えいめい)」の24歳の誕生会を開いた。

 永明は1992年9月14日、中国・北京動物園で生まれた。94年からアドベンチャーワールドで飼育されている。

 誕生会は屋内運動場であり、多くのファンが見守る中、バースデーケーキに見立てた氷の箱がプレゼントされた。

 中には好物のリンゴやニンジン、ビスケット、モウソウチク、ネマガリタケがいっぱい。永明は終始ゆっくりとしたペースで、おいしそうに頬張っていた。

 同施設は94年、中国・成都ジャイアントパンダ繁育研究基地の日本支部としてパンダの自然繁殖のための研究を始めた。現在、7頭のパンダを飼育している。

 また、これまでに14頭のパンダが誕生している。このうち13頭のお父さんが永明。この5月にも雌のパンダ「良浜(らうひん)」との間に自然交配が確認されている。良浜に妊娠の兆候があったため、施設は8月末に良浜の展示を中止した。

 永明は人間に例えると70歳を越えており、感謝の気持ちとこれからも健康で元気に過ごしてとの願いを込めて誕生会が催された。

最終更新:9/15(木) 17:00

紀伊民報