ここから本文です

清武のCLデビューは持ち越し ユーヴェ、セビージャを崩せずスコアレスドロー

SOCCER KING 9月15日(木)5時45分配信

 チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第1節が14日に行われ、ユヴェントスと日本代表MF清武弘嗣が所属するセビージャが対戦した。清武はベンチスタートとなった。

 いよいよ欧州最強クラブを決めるCLが開幕を迎えた。1995-96シーズン以来の優勝を目指すイタリア王者のユヴェントスは、今夏の移籍市場でFWゴンサロ・イグアインやボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表MFミラレム・ピアニッチら即戦力をチームに加えた。セリエAでも開幕3連勝を飾り、早くも首位に立っている。一方、セビージャはヨーロッパリーグ3連覇に導いたウナイ・エメリ監督が退任し、ホルヘ・サンパオリ新監督を迎えた。チームの顔ぶれも大きく入れ替わり、清武やMFフランコ・バスケスらが加入。今シーズンはまずグループステージを突破することが第一目標となる。なお、両クラブは昨シーズンもグループステージで対戦しており、互いにホームゲームで白星を挙げた。

 ユヴェントスはスタメンにジャンルイジ・ブッフォンやイグアイン、パウロ・ディバラらを起用。ピアニッチはベンチスタートとなった。一方、セビージャはルシアーノ・ビエットがスタメン落ち。清武はベンチからCL初出場を狙う。

 この試合で最初のチャンスを作ったのはユヴェントス。8分、ショートカウンターからイグアイン、ディバラとつなぎ、最後はエリア内右でボールを受けたサミ・ケディラが右足シュートを狙った。しかし、芝に足を取られてしまい、ボールはゴール左に外れた。

 さらに15分にもディバラのパスからケディラが最終ラインの裏に抜け出し、GKと一対一となったが、シュートはGKの正面に飛んでしまった。

 しかし、その後はユヴェントスがボールを保持しながらも、組み立ての部分からミスが目立って決定機を生み出せない。このまま0-0でハーフタイムを迎える。

 後半も最後まで攻め切れない時間が続くユヴェントス。59分にはショートカウンターから、ディバラが右へ展開。ダニエウ・アウヴェスが駆け上がり、フリーでクロスを上げる。これをゴール前のイグアインが頭で合わせたが、ここは惜しくもクロスバーを直撃した。ようやく決定機を迎えたもののユヴェントスはこれを生かせない。

 セビージャは64分にサラビアを下げてホアキン・コレアを投入。一方、流れを変えたいユヴェントスは68分にクワドウォ・アサモアとパトリス・エヴラを下げ、ピアニッチとアレックス・サンドロの2選手をピッチに送り込んだ。

 ユヴェントスはピアニッチ投入から流れを少し引き戻す。85分にはディバラを下げてマルコ・ピアツァを投入。さらに攻勢をかける。後半アディショナルタイム2分にはA・サンドロが決定的なヘディングシュートを放ったが、ここもGKリコが横っ飛びで弾き出した。結局、ユヴェントスは15本ものシュートを放ちながらも、セビージャを崩し切ることができなかった。なお、清武に出場機会はなかった。

 27日に行われるグループステージ第2節で、ユヴェントスはディナモ・ザグレブと、セビージャはリヨンと対戦する。

【スコア】
ユヴェントス 0-0 セビージャ

SOCCER KING

最終更新:9月15日(木)5時58分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]