ここから本文です

王者レアル、劇的逆転で白星発進 日本人3選手は出番なし/CL第1節

SOCCER KING 9月15日(木)11時32分配信

 チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節が14日に各地で行われた。

 グループEでは、レヴァークーゼン(ドイツ)がCSKAモスクワ(ロシア)を相手にホームで2点を先行したものの、37分からの3分間で2失点を喫して2-2の引き分けに。また、モナコ(フランス)をホームに迎えたトッテナム(イングランド)は1-2と敗れ、黒星スタートとなった。

 グループFでは前回王者のレアル・マドリード(スペイン)が登場。スポルティング(ポルトガル)を迎えたホームゲームで大苦戦し、試合終了間際まで0-1とビハインドを負っていた。しかし、89分にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのゴールで追いつくと、アディショナルタイムにはスペイン代表FWアルバロ・モラタが逆転ゴール。劇的な勝利を収めた。

 また、同じくグループFではドルトムント(ドイツ)がレギア・ワルシャワ(ポーランド)に6-0と圧勝。日本代表MF香川真司はベンチ入りしていたが、出場機会はなかった。

 そしてグループGではCL初出場のプレミアリーグ王者レスター(イングランド)が初戦を迎えた。クラブ・ブルージュ(ベルギー)とのアウェーゲームを3-0で制し、大会初勝利を収めている。日本代表FW岡崎慎司はベンチ入りメンバーからも外れた。

 グループHでは、ユヴェントス(イタリア)とセビージャ(スペイン)が対戦。日本代表MF清武弘嗣はベンチ入りメンバーに名を連ねたものの、最後まで出場機会は訪れなかった。試合はスコアレスドローに終わっている。

 なお、13日に予定されていたグループCのマンチェスター・C(イングランド)とボルシアMG(ドイツ)の一戦は、豪雨の影響で延期となり、14日に開催された。アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロのハットトリックなどで、マンチェスター・Cが4-0と快勝している。

■CLグループステージ第1節結果(14日開催)

▼グループC(延期分)
マンチェスター・C(イングランド) 4-0 ボルシアMG(ドイツ)
1-0 9分 セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)
2-0 28分 セルヒオ・アグエロ(PK)(マンチェスター・C)
3-0 77分 セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)
4-0 90+1分 ケレチ・イヘアナチョ(マンチェスター・C)

▼グループE
レヴァークーゼン(ドイツ) 2-2 CSKAモスクワ(ロシア)
1-0 9分 アドミル・メーメディ(レヴァークーゼン)
2-0 15分 ハカン・チャルハノール(レヴァークーゼン)
2-1 37分 アラン・ザゴエフ(CSKAモスクワ)
2-2 39分 ロマン・エレメンコ(CSKAモスクワ)

トッテナム(イングランド) 1-2 モナコ(フランス)
0-1 15分 ベルナルド・シウヴァ(モナコ)
0-2 31分 トマ・ルマル(モナコ)
1-2 45分 トビー・アルデルヴァイレルト(トッテナム)

▼グループF
レアル・マドリード(スペイン) 2-1 スポルティング(ポルトガル)
0-1 48分 ブルーノ・セーザル(スポルティング)
1-1 89分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)
2-1 90+4分 アルバロ・モラタ(レアル・マドリード)

レギア・ワルシャワ(ポーランド) 0-6 ドルトムント(ドイツ)
0-1 7分 マリオ・ゲッツェ(ドルトムント)
0-2 15分 ソクラティス・パパスタソプーロス(ドルトムント)
0-3 17分 マルク・バルトラ(ドルトムント)
0-4 51分 ラファエル・ゲレイロ(ドルトムント)
0-5 76分 ゴンサロ・カストロ(ドルトムント)
0-6 87分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)

▼グループG
クラブ・ブルージュ(ベルギー) 0-3 レスター(イングランド)
0-1 5分 マーク・オルブライトン(レスター)
0-2 29分 リヤド・マフレズ(レスター)
0-3 61分 リヤド・マフレズ(PK)(レスター)

ポルト(ポルトガル) 1-1 コペンハーゲン(デンマーク)
1-0 13分 オタヴィオ(ポルト)
1-1 51分 アンドレアス・コルネリウス(コペンハーゲン)

▼グループH
ユヴェントス(イタリア) 0-0 セビージャ(スペイン)

リヨン(フランス) 3-0 ディナモ・ザグレブ(クロアチア)
1-0 14分 コランタン・トリソ(リヨン)
2-0 49分 ジョルダン・フェリ(リヨン)
3-0 57分 マクスウェル・コルネ(リヨン)

SOCCER KING

最終更新:9月15日(木)11時32分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。