ここから本文です

「気持ちを見せた」青山学院大、大量5発で後期初勝利 伊藤光輝はハットトリック

SOCCER KING 9月15日(木)18時0分配信

 JR東日本カップ2016 第90回関東大学サッカーリーグ戦2部 第13節が14日に行われ、流通経済大学フットボールフィールドの第一試合では朝鮮大学校と青山学院大学が対戦した。

 遠方まで応援に駆け付けた仲間たちの声に乗って、青いユニフォームを纏う選手たちがピッチ上で躍動した。今季最多の5ゴール、そしてクリーンシート。青山学院大が5-0と朝鮮大学校を圧倒し、後期初勝利を挙げた。

 青山学院大は12試合を終えて4勝1分け7敗、勝ち点13で9位に沈んでいた。後期開幕戦となった4日前の東京農業大学戦では0-2と完封負けを喫し、良い形での“リスタート”とはならず。残りは10試合。残留争いについて考えるにはまだ早いが、降格圏内の11位・拓殖大学との差が2ポイントに迫っている状況下、少しでも勝ち点を積み重ねておきたいところだ。この日の相手は勝ち点差「1」で8位の朝鮮大学校。勝てば順位を逆転できるだけに、重要な意味を持つ一戦だった。

「気持ちを見せてくれたと思う。そのうえで(気持ちを見せたうえで)何ができるか、ということを常に伝えてきていた。ベースとなる部分をしっかりと出してくれた」と、流郷吐夢監督は選手たちを称えた。5ゴールという結果が際立つが、指揮官が手応えを示していたのはむしろ守備面。ここまで12試合で22失点、1試合平均1.83失点という数字が苦戦の一因でもあったが、この日は最後までゴールを割らせることはなかった。

 流郷監督は「前節はボールを失った後の切り替えが遅くて相手にやられた部分があった。その対策を重点的にやったことが試合で反映されたと思う」と振り返る。青山学院大はセカンドボールへの反応や球際での競り合いで強度を保ち続け、サイドを広く使った攻撃で得点を重ねた。17分にFW伊藤光輝のゴールで先制し、31分にはMF小泉佳穂が鋭いドリブルからシュートを決めて2点目。そして前半アディショナルタイムには、伊藤が相手GKとの1対1を冷静に制してスコアを3-0とした。

 3点リードで迎えた後半立ち上がり、当然ながら前がかりになって反撃を期してきた相手に対し、受け身にならずにアグレッシブな守備を展開。最終ラインの位置取りやマークのスライドなど、基本的なプレーをしっかりと確認、遂行し続けた。試合は次第に激しいボディコンタクトの応酬となり、65分には朝鮮大学校FW韓勇太が乱暴行為で一発退場となるなど、やや荒れた展開に。それでも青山学院大の選手たちは「落ち着け!切らすな!」と声を掛け合い、数的優位に立った中でも攻撃の手を緩めることなく終盤に2点を追加。85分にダイビングヘッドを決めたFW伊藤はハットトリックの大活躍だった。

 今節の先発メンバー11名中、4名が1年生だった青山学院大。「1年生だから使ったというわけではなく、トレーニングでのアピールやパフォーマンスを判断した結果」という指揮官の選手起用は、チーム内の競争意識を確実に高めているはずだ。次節は18日、東京国際大学第一サッカー場の第二試合で東京国際大学と対戦。首位を快走する強敵との対峙は、今後へ向けた試金石となりそうだ。

取材・文=内藤悠史

【スコア】
朝鮮大学校 0-5 青山学院大学

【得点者】
0-1 17分 伊藤光輝(青山学院大学)
0-2 31分 小泉佳穂(青山学院大学)
0-3 45+1分 伊藤光輝(青山学院大学)
0-4 85分 伊藤光輝(青山学院大学)
0-5 90+3分 窪園大地(青山学院大学)

SOCCER KING

最終更新:9月15日(木)18時1分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]