ここから本文です

起死回生の衝撃FKを決めたC・ロナウド、試合後はブリーフ姿でサプライズ

SOCCER KING 9月15日(木)19時49分配信

 14日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第1節で、残り5分間での大逆転劇によりホームでスポルティングを2-1で下し、史上初の連覇に向けて好発進したレアル・マドリード。1点ビハインドで迎えた89分に起死回生の衝撃FKを決めたエースのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、試合後にもちょっとしたサプライズを見せた。

 この一戦が古巣との顔合わせとなったC・ロナウドは、試合後のインタビューで「自身が育ったクラブへの敬意と愛情から、ゴール後のパフォーマンスはしなかった」と告白すると、その気持ちを表すかの通り、スポルティングの公式ツイッターに登場した。

 スポルティングの主将を務めるポルトガル代表MFアドリエン・シルヴァならびに副将の同MFウィリアム・カルヴァーリョと肩を組んだ写真が掲載されたC・ロナウド。ポルトガル代表のチームメイトでもある両選手が、上半身裸、下半身は試合で着用したユニフォームという装いだったのとは正反対に、上半身には交換したスポルティングのユニフォームをまとう一方、下半身は下着と靴下のみという姿を披露した。

 素人ならば写真に撮られるのが恥ずかしいものの、プロのフットボーラーならばメディアに晒すことも意外に多いこの格好。だが、C・ロナウドはそれだけにはとどまらず、自身の背番号である「7」がど真ん中にプリントされたブリーフで人々を驚かせた。

 これが意図的になされたのか否かは本人のみぞ知るところだ。しかし、C・ロナウドのファッションへの細部までのこだわりが、ブリーフ姿からも垣間見られる新たなエピソードとなった。

文=北村敦

SOCCER KING

最終更新:9月16日(金)16時2分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。