ここから本文です

CLデビューのレスターが記念すべき初勝利! 岡崎は遠征帯同もベンチ外

ゲキサカ 9月15日(木)5時35分配信

[9.14 欧州CLグループリーグ第1節 クラブ・ブルージュ0-3レスター・シティ]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は14日、グループリーグ第1節2日目を行った。G組のFW岡崎慎司が所属するレスター・シティ(イングランド)は敵地でクラブ・ブルージュ(ベルギー)と対戦し、3-0で勝利。欧州CLのデビュー戦を白星で飾った。

 欧州CL初挑戦となるプレミアリーグ王者は、11日のリバプール戦から先発を2人入れ替え、今夏加入のDFルイス・エルナンデス、FWイスラム・スリマニがスターティングメンバーに名を連ねた。一方で、遠征に帯同していた岡崎はベンチ外となり、欧州CLデビューは次節以降に持ち越された。

 試合は開始早々に決定機が訪れる。直近のリーグ戦で4試合勝利がないベルギー王者のクラブ・ブルージュは前半3分、MFハンス・バナーケンのスルーパスで完全に裏を取ったFWホセ・エリベルト・イスキエルドが左足シュートもゴール右に外れ、チャンスを逃す。すると、直後にレスターがスコアを動かした。同5分、右サイドからL・エルナンデスがロングスロー。相手の連係ミスで流れたボールをMFマーク・オルブライトンが無人のゴールに流し込み、レスターが先制に成功した。

 記念すべき欧州CLの初得点を記録したレスターは前半29分にもゴールネットを揺らす。ペナルティーアークの右、ゴールから22メートルの位置でFKを獲得すると、キッカーのMFリヤド・マフレズが左足一閃。壁の左を抜けたシュートがカーブしながらゴール左に突き刺さり、リードを広げる。同41分には、左CKのクリアボールをMFダニー・ドリンクウォーターが後方に下がりながら左足ボレー。難しいシュートだったが、GKリュドビク・ビュテルに弾き出され、前半を2-0で終えた。

 後半になっても追加点を奪いにいくレスター。後半15分、相手のバックパスからボールを奪ったFWジェイミー・バーディが飛び出したGKビュテルに倒され、PKを獲得。これをキッカーのマフレズが落ち着いて決め、3-0とする。同19分には、スルーパスに反応したイスキエルドにDFウェズ・モーガンがかわされ、PA左から決定的なシュートを打たれるも右ポスト直撃。事なきを得た。

 後半36分、レスターはオルブライトンの右CKからDFロベルト・フートが打点の高いヘディングシュートを放つもゴール左に外れる。その後は追加点こそなかったが、最後までクラブ・ブルージュに得点を許さなかったレスターが3-0で勝利。欧州CLでクラブ史上初となる白星を飾り、好スタートを切った。

最終更新:9月15日(木)5時35分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。