ここから本文です

[CL]王者レアルの底力!!後半44分にC・ロナウド直接FK、AT5分モラタ弾で土壇場逆転勝利!!

ゲキサカ 9月15日(木)5時47分配信

[9.14 欧州CL R・マドリー2-1S・リスボン]

 連覇を目指す王者レアル・マドリー(スペイン)は、本拠地サンティアゴ・ベルナベウでS・リスボン(ポルトガル)と対戦し、2-1で勝利した。後半3分にMFブルーノ・セーザルに先制点を奪われたが、同44分のFWクリスティアーノ・ロナウドの直接FKによって同点。そして後半アディショナルタイムにFWアルバロ・モラタが得点して土壇場での逆転勝利を飾った。

 昨季、11度目のCL制覇を果たしたR・マドリー。特にホームでの強さは際立っており、準決勝までの6試合で得点19の失点は0。抜群の安定感を誇っていた。しかしそんな大得意のホーム戦でまさかの大苦戦を強いられた。

 前半からボールを支配したのはR・マドリーだったが、相手MFジェルソン・マルティンスのスピードある突破などに苦しむなど、時折危ない場面も作られる。無失点で抑えたものの、得点も奪うことが出来ず、スコアレスで折り返した。

 ただ後半3分、試合を動かしたのはS・リスボンだった。右サイドからジェルソン・マルティンスを起点に崩すと、FWブライアン・ルイスが縦パスを通そうとする。一度はDFに引っかかるが、MFブルーノ・セザルにこぼれると、左足でゴールネットを揺らす。レアルは、2季ぶりのホームでの失点を喫してしまった。

 焦るR・マドリー。しかしそんな思いとは裏腹に時間だけが経過してしまう。後半38分に右クロスを合わせたC・ロナウドのシュートもポストに嫌われてしまった。

 しかし勝負強さはさすがだった。後半44分、ゴール正面でFKを獲得。C・ロナウドが直接狙うと、ゴール右隅に飛んだシュートは、GKの手を弾いてゴールネットを揺らす。そして後半アディショナルタイム5分、MFハメス・ロドリゲスの左クロスを頭で合わせたアルバロ・モラタのゴールによって大逆転勝利を飾った。

最終更新:9月15日(木)6時2分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]