ここから本文です

[CL]王者レアルの底力!!後半44分にC・ロナウド直接FK、AT5分モラタ弾で土壇場逆転勝利!!

ゲキサカ 9/15(木) 5:47配信

[9.14 欧州CL R・マドリー2-1S・リスボン]

 連覇を目指す王者レアル・マドリー(スペイン)は、本拠地サンティアゴ・ベルナベウでS・リスボン(ポルトガル)と対戦し、2-1で勝利した。後半3分にMFブルーノ・セーザルに先制点を奪われたが、同44分のFWクリスティアーノ・ロナウドの直接FKによって同点。そして後半アディショナルタイムにFWアルバロ・モラタが得点して土壇場での逆転勝利を飾った。

 昨季、11度目のCL制覇を果たしたR・マドリー。特にホームでの強さは際立っており、準決勝までの6試合で得点19の失点は0。抜群の安定感を誇っていた。しかしそんな大得意のホーム戦でまさかの大苦戦を強いられた。

 前半からボールを支配したのはR・マドリーだったが、相手MFジェルソン・マルティンスのスピードある突破などに苦しむなど、時折危ない場面も作られる。無失点で抑えたものの、得点も奪うことが出来ず、スコアレスで折り返した。

 ただ後半3分、試合を動かしたのはS・リスボンだった。右サイドからジェルソン・マルティンスを起点に崩すと、FWブライアン・ルイスが縦パスを通そうとする。一度はDFに引っかかるが、MFブルーノ・セザルにこぼれると、左足でゴールネットを揺らす。レアルは、2季ぶりのホームでの失点を喫してしまった。

 焦るR・マドリー。しかしそんな思いとは裏腹に時間だけが経過してしまう。後半38分に右クロスを合わせたC・ロナウドのシュートもポストに嫌われてしまった。

 しかし勝負強さはさすがだった。後半44分、ゴール正面でFKを獲得。C・ロナウドが直接狙うと、ゴール右隅に飛んだシュートは、GKの手を弾いてゴールネットを揺らす。そして後半アディショナルタイム5分、MFハメス・ロドリゲスの左クロスを頭で合わせたアルバロ・モラタのゴールによって大逆転勝利を飾った。

最終更新:9/15(木) 6:02

ゲキサカ

なぜ今? 首相主導の働き方改革