ここから本文です

プジョー、コンパクトSUV「新型2008」発売

オートックワン 9/15(木) 12:54配信

プジョー・シトロエン・ジャポンは、SUVの力強さをさらに進化させた「2008」を9月15日より発売する。

このニュースのフォトギャラリー

プジョーは、新しいブランド戦略を「SUV」とし、都会的でスタイリッシュなデザインと上質なコンパクトSUVとして高く評価された「2008」により鮮やかで力強い存在感を与えた。

新しいラインナップとして、充実したフル装備の「アリュール」と情熱的なスポーティグレード「GT Line」を投入する。

搭載するパワートレインは、2015年・2016年にインターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーを連続受賞した最高出力110馬力のピュアテック1.2リッター 3気筒ターボエンジンに、第3世代の6速オートマチックトランスミッションを組みあわせて力強さと軽快さをバランスよく両立した。

さらに、「GT Line」はグリップコントロールとその性能を最大限に引き出す4シーズンタイヤを装着し、街中での快適性、高速走行時の加速、悪路や雪道での走破性など、様々な条件下での走行性能を向上させた。

新型2008ではSUVのもつキャラクターをさらに進化させ、様々な機能を装備した。

「アリュール」はクロームパーツを、「GT Line」はRed&Blackを基調にしたエクステリアとし、それぞれ異なる主張をしている。

インテリアではインストルメントパネルをブルーに縁取った「アリュール」と、レッドアクセントを配した野性的な「GT Line」で個性的に仕上げた。

さらに、アクティブシティブレーキを標準装備、パノラミックガラスルーフをオプションで選ぶことができる。

ボディカラーは新色のアルティメット・レッドをテーマカラーとし、全6色をラインナップした。

価格(消費税込)は、「アリュール」が262万円、「GT Line」が285万円となる。

プジョー・シトロエン・ジャポンでは、新型2008を投入することでコンパクトSUVのラインナップを一新し、プジョーブランド全体の拡販を目指すとしている。

最終更新:9/15(木) 12:54

オートックワン