ここから本文です

クラシカルなルックスに注目! メルセデスAMG GT Cロードスターを公開

carview! 9/15(木) 16:48配信

メルセデス・ベンツのハイパフォーマンスカー部門であるメルセデス-AMGは、フラッグシップクーペ「GT」のオープン版となる「GTロードスター」および「GT Cロードスター」の画像を公開した。

【動画付きで見る】

かねてから噂されていたメルセデスAMG GTのオープンバージョンが、遂に姿を現した。最も気になるスタイリングに関しては、フロントからキャビンまではクーペとほぼ同様だが、ルーフがテールエンドまでなだらかに傾斜していくクーペに対し、ロードスターはシート後方へ収まるデザインを採用。これによりリアのトランク上部はほぼフラットに近い形状とされ、ロングノーズ&ショートデッキのクラシカルなスポーツカールックがさらに強調された。

ルーフには先代にあたるSLS AMGロードスター同様ソフトトップを採用。骨格はマグネシウム、スチール、アルミニウムが用いられ、ブラック、レッド、ベージュのカラーから選択が可能となっている。ルーフを開閉するに要する時間は11秒で、50km/hまでの速度であれは走行中でも開閉できる。

パワーユニットは4リッターV8ツインターボこそクーペと同じだが、高性能版のGT Cロードスターの最高出力は、GT Sクーペの510psより47psアップの557ps、最大トルクは同30Nmアップの680Nmを発生。クーペのトップモデルである「GT R(585ps/700Nm)」に迫るスペックを誇る。これらによりGT Cロードスターは0-100m/h加速3.7秒、最高速度は316km/hをマークする。

またGT CロードスターにはGT Rクーペと同様の装備が搭載されているのもトピックだ。これはワイド化されたリアフェンダーや冷却効果を高めるアクティブエアマネージメントシステム、アクティブリアアクスルステアリングなど多岐に渡っている。

このメルセデスAMG GTロードスター/GT Cロードスターは10月から一般公開が始まるパリサロンでワールドプレミアされる予定だ。

株式会社カービュー

最終更新:9/16(金) 9:42

carview!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。