ここから本文です

新型アルピーヌ、パリのエリゼ宮殿で初披露!

carview! 9/16(金) 9:57配信

ルノーは、9月18~19日に開催される「ヨーロピアン・ヘリテージ・デイ」において、アルピーヌのコンセプトカー「アルピーヌ・ヴィジョン」をワールドプレミアする。パリ・エリゼ宮殿の庭園において実車の展示を予定している。

【写真をもっと見る(18枚)】

今年2月にフォトデビューを飾ったアルピーヌ・ヴィジョンは、ルノースポールが新開発した4気筒ターボエンジンを搭載。軽量なボディと組み合せることで、0-100km/h加速4.5秒以内というパフォーマンスを誇る。

2017年の量産に向けて開発中の「アルピーヌ・ヴィジョン」。今回のイベントでは主催者側からオファーがあり、出展を決めたという。アルピーヌのマネージングディレクターであるマイケル・ファン・デル・サンデ氏は「我々は、ヨーロピアン・ヘリテージ・デイから招待を受けたことを非常に誇りに思っています。これはフランス人にとってアルピーヌが密接な存在であり、彼らの文化の一部になっていることの証でしょう」とコメントしている。

今回が一般向けのイベントとしては初公開となるアルピーヌ・ヴィジョン。どんな反響が返ってくるのか楽しみである。

株式会社カービュー

最終更新:9/16(金) 9:57

carview!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。