ここから本文です

採血なしで貧血を検査するスマホアプリ「HemaApp」--ワシントン大が開発

CNET Japan 9月15日(木)11時0分配信

 ワシントン大学は、スマートフォン以外に特別な機械を使うことなく、採血もせず簡単に貧血かどうか確認できるアプリ「HemaApp」を開発した。発展途上国での検査に活用できるとしている。

 貧血は、栄養失調や寄生虫などさまざまな要因で発生する。貧血かどうか判断するには、針を血管に刺して採血し、血中ヘモグロビン濃度を調べるが、被験者に負担をかけるうえ、医療従事者でないと検査できない。針を使わず検査できる装置は存在するものの、極めて高価だそうだ。

 ワシントン大学の開発したアプリは、スマートフォンのカメラとフラッシュを使う。指をカメラのレンズ部に押しつけると、フラッシュが点灯し、血液の色を調べることでヘモグロビン濃度を推定し、貧血かどうか判定する。

 被験者の全血球計算(Complete Blood Count:CBC)検査結果と比較したところ、精度は69%だった。スマートフォンのフラッシュだけでなく、白熱電球の光を加えると74%に、小型LEDライトの光を加えると82%に精度が向上した。これは、米食品医薬品局(FDA)から承認されている針を使わない高価な計測装置「Masimo Pronto」の精度81%と変わらない。

 ただし、HemaAppは採血検査を置き換えるものでなく、あくまでも予備的な検査方法だという。今のところ、採血がもっとも正確にヘモグロビン濃度を調べられる。

最終更新:9月15日(木)11時0分

CNET Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]