ここから本文です

ボタンをつけると、ぬいぐるみが喋りだす--おしゃべりスピーカー「Pechat」

CNET Japan 9月15日(木)8時0分配信

 子どもが大事にしているぬいぐるみ。そんなぬいぐるみが急に話し出したら、きっと笑顔になってくれるに違いない。そんな夢のようなアイテム「Pechat(ペチャット)」のプロジェクトが、クラウドファンディングプラットフォーム「Makuake」で開始されている。

 Pechatは、ぬいぐるみに付けるボタン型のおしゃべりスピーカー。専用アプリを導入したスマートフォンを利用してPechatと通信でき、ぬいぐるみを通して子どもと会話が楽しめる。

 会話の内容は、アプリ内のテキストボックスに文字を入力し、表示される候補から好きなセリフを選ぶだけ。200種類以上のセリフを収録する予定だ。登録されていないセリフであっても、入力した文字の読み上げ機能により対応。文字入力や録音でセリフを追加することも可能。

 なお、声に反応して自動でおしゃべりする「おまかせモード」では、ランダムでリアクションする「あいづちモード」と、子どもが発した言葉を繰り返す「おうむ返しモード」が楽しめる。

 また、読み聞かせなどの知育コンテンツも収録。具体的には、童謡を10~20曲、童話を10~20話収録予定。歌やお話を自身で録音して追加することもできる。

 ぬいぐるみへの取付は、Pechatの裏面フックに糸を通して直接縫いつけたり、紐を通して首から下げたりして行う。

 サイズは、直径45×奥行21mm。重量は、約30g。通信距離は、最大半径10m(障害物がない場合)。連続使用時間は、約1.2時間(最大音量で音声を流し続けた場合)。連続待受時間は、約30時間(スマホと接続した状態で無音の場合)。対応OSは、iOS 9.0以上、Android OS 5.0以上に対応予定。

 Makuakeでの目標金額は50万円。記事執筆時点(9月14日20時)で、目標額の3.5倍となる178万円の資金を集めている。プロジェクトの残り日数は60日。

最終更新:9月15日(木)8時0分

CNET Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]