ここから本文です

9月14日の海外株式・債券・為替・商品市場

Bloomberg 9月15日(木)5時47分配信

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は 次の通り。

◎NY外為:円が1週間ぶり安値-モルガンSは日銀の緩和拡大予想

14日の外国為替市場では円が対ドルでもみ合う展開。アジア時間には一時1週間ぶり安値を付けた。モルガン・スタンレーは、日本銀行が来週の政策決定会合でマイナス金利の深掘りを決める可能性が高いと指摘した。

円は主要通貨のほぼ半分に対して値下がり。日銀内では、来週開かれる金融政策決定会合で行うマイナス金利付き量的・質的金融緩和の総括的な検証後の次の一手として、長期国債の買い入れを望む向きが引き続き存在することが、事情に詳しい関係者への取材で分かった。モルガン・スタンレーのエコノミストらは、日本国債買い入れの若干の増額を含めた措置を決める可能性があると指摘。過度にフラット化したイールドカーブの調整を目指していることも背景にあるという。

モルガン・スタンレーMUFG証券のエコノミスト、山口毅氏とロバート・アラン・フェルドマン氏は、イールドカーブがスティープ化すれば円は下落すると指摘。根拠に乏しく、反対の声が大きいにもかかわらず、日銀はマイナス金利政策が経済にプラスに働くとの見方を強めているようだと記した。

ニューヨーク時間午後5時現在、円は対ドルで 前日比0.1%高の1ドル=102円43銭。アジア時間には一時103円36銭と、9月6日以来の安値を付けた。

ブルームバーグが実施したエコノミスト調査では、日銀が9月以降の会合で追加緩和を行うと予想した人のうち53%はその手段としてマイナス金利の深掘り、35%は長期国債買い入れ増を挙げた。

RBCドミニオン・セキュリティーズのチーフ・テクニカル・ストラテジスト、ジョージ・デービス氏は「市場では円下落のバイアスが若干強まっている」とし、「日銀が何らかの措置を講じるとの見方に傾きつつある」と続けた。原題:Yen Touches One-Week Low as Morgan Stanley Sees More BOJ Easing(抜粋)

1/6ページ

最終更新:9月15日(木)7時13分

Bloomberg