ここから本文です

米証券取引委員長:「フラッシュ・ボーイズ」の規制は容易でない

Bloomberg 9月15日(木)13時11分配信

高頻度トレーダーが市場に大混乱をもたらすのを防ぐのは口で言うほど容易ではない。

市場を不安定化させる影響を及ぼし得る高頻度取引の制限を米証券取引委員会(SEC)は望んでいると、SECのホワイト委員長が表明したのは2年余り前のことだ。その委員長が14日、ルールの策定が容易でないことが分かってきたと述べ、SECの次のステップはこの問題に関する取り組みを公表し、意見を募集することだと説明した。これはルールが制定されるのは数年先となる可能性があり、恐らくホワイト氏の後任に託されることを意味する。

ホワイト委員長はワシントンでの講演のテキストで、「破壊的影響を及ぼし得るトレーディング戦略への適切な規制対応を策定する際に最も難しい作業の1つは、投資家や市場効率にプラスとなっている慣行に干渉し過ぎないようにすることだ」と指摘した。

同委員長はまた、取引所やブローカーディーラーの株式・オプション取引を日次ベースで追跡する統合取引監視システム(CAT)構築の最終案をSECが年内に確実に検討することが自分にとって市場構造に関する最優先事項だと述べた。

原題:SEC Chair White Concedes Reining in Flash Boys Is Difficult (1)(抜粋)

Alexis Leondis

最終更新:9月15日(木)13時11分

Bloomberg