ここから本文です

オフショア人民元、週間で7月以来の大幅高-中国中銀が介入の兆候

Bloomberg 9月15日(木)14時57分配信

香港オフショア市場の人民元は15日、週間ベースで7月以来の大幅な上昇に向かっている。中国人民銀行(中央銀行)による介入の観測が広がる中で元の供給が抑制され、借り入れコストは前日、8カ月ぶりの高水準に達した。

オフショア人民元は香港時間午後5時16分(日本時間同6時16分)現在、前週末比0.5%上昇の1ドル=6.6650元と、7月29日終了週以来の大幅な上げ。前日比ではほぼ変わらず。

16日の香港株式市場は祝日のため休場となるが、人民元の取引は行われる。本土市場は15、16両日休場で、19日に取引が再開される。

財資市場公会(TMA)のデータによれば、1週間物の人民元建て香港銀行間取引金利(HIBOR)は14日に10.15%と、1月18日以来の高水準となったが、15日は8.99%に低下した。今週の上昇幅は4.86ポイント。

原題:Offshore Yuan Set for Weekly Gain Amid PBOC Intervention Signs(抜粋)

Kyoungwha Kim

最終更新:9月15日(木)18時43分

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]