ここから本文です

山中、計量一発パス!KOで“亡霊”モレノ退治OK/BOX

サンケイスポーツ 9月16日(金)7時0分配信

 プロボクシングダブル世界戦(16日、エディオンアリーナ大阪)の前日計量が15日、大阪市内で行われ、日本歴代2位に並ぶ11度目の防衛を目指すバンタム級王者の山中慎介(33)=帝拳=はリミットの53・5キロ、昨年9月のV9戦で退けた挑戦者で同級1位、アンセルモ・モレノ(31)=パナマ=は53・4キロで一発パスした。Sバンタム級王者ウーゴ・ルイス(29)=メキシコ=に挑む同5位の長谷川穂積(35)=真正=は、リミットの55・3キロで一発パスした。

 計量を終えた山中は、ペットボトルの水を飲み干した。「水を一気飲みして汗が噴き出た。調子のいい証拠。最高のコンディションになった」と自信を深めた。

 優れた防御技術で“亡霊”と恐れられるモレノ。1年前は武器の左ストレートが空転し、2-1の判定でどうにかベルトを死守した。

 辛勝の中から“亡霊退治”のヒントを得た。「モレノは右肘を(体から)5センチ以上浮かせる独特のL字ガードをする。(前戦は)そこにパンチを打ったので、パワーがそがれてしまった」と大和心トレーナー。今度はモレノ独特の防御技術を逆手にとり、肘と体の間にできるすき間に、左ボディーストレートをピンポイントで狙い打つ。

 計量後、山中は「今、何を食べたい? うーん、それより吉本新喜劇が見たい」。因縁の相手との再戦をKOで決着させ、ナニワでのオフを満喫する。

最終更新:9月16日(金)7時0分

サンケイスポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。