ここから本文です

『タクシードライバー』40周年記念Blu-ray発売 月曜ロードショーの吹替え版を初収録

CDジャーナル 9/16(金) 19:46配信

 ロバート・デ・ニーロが主演を務めたマーティン・スコセッシ監督作にして、〈第29回カンヌ国際映画祭〉ではパルム・ドールを受賞したアメリカン・ニューシネマの名作『タクシードライバー』(1976年)。公開40周年を記念したアニバーサリー・エディションBlu-rayが12月7日(水)に初回生産限定でリリース。特典映像には、今年アメリカ・ニューヨークで開催されたトライベッカ映画祭でのQ&Aセッション(約42分)、劇中で少女娼婦“アイリス”役を演じたジョディ・フォスターの単独インタビュー(日本限定)が収録されているほか、TBS系「月曜ロードショー」で放送された吹替版も初のソフト化を果たします。

 YouTubeでもその一部が公開されたQ&Aセッションは、今年『タクシードライバー』の公開40周年を記念しトライベッカ映画祭で行なわれたもので、監督のマーティン・スコセッシをはじめ、キャストのロバート・デ・ニーロ、ジョディ・フォスター、シビル・シェパード、ハーヴェイ・カイテル、製作のマイケル・フィリップス、脚本のポール・シュレイダーらが参加。ファンを前に、ロバート・デ・ニーロ演じる“トラビス”のモヒカンについての裏話や、音楽収録後の夜に亡くなってしまったバーナード・ハーマンとの思い出、また、「ホットパンツに大きな帽子とサングラス。初日に衣装デザイナーの前で泣いたのを覚えてる。初日から恥ずかしかった」(ジョディ・フォスター)など撮影秘話も明かされています。

©1976, renewed 2004 Columbia Pictures Industries, Inc.

最終更新:9/16(金) 19:46

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]