ここから本文です

麻薬の取締件数増加、探知犬が大活躍/台湾

中央社フォーカス台湾 9月16日(金)11時0分配信

(台北 16日 中央社)財政部関務署(財務省関税局に相当)はこのほど、今年1~8月の密輸大麻の摘発件数が69件に達し、昨年同期比7.67倍になったと発表した。そんな麻薬の摘発に大活躍しているのが麻薬探知犬だ。現在全国におよそ40匹おり、治安の維持に努めている。

同署によると大麻の密輸量は年々増加傾向にあるという。今年はクッキーやチョコレート、電子たばこを装ったものが見つかるなど、包装や形態が多様化。見た目では分からない薬物の摘発に探知犬が実力を発揮している。

探知犬には特別な訓練を受けたラブラドールが採用され、税関職員とペアで勤務を行う。摘発可能なのは薬物だけではない。昨年末には高雄空港で働くブラボーが、密輸された生きた鳥45羽を発見。生態系への影響を水際で阻止した。

国民の健康を守りたいとする同署。探知犬の活躍はすでに欠かせないものになりつつある。

(邱柏勝/編集:齊藤啓介)

最終更新:9月16日(金)11時0分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。