ここから本文です

<はじめまして、愛しています。>尾野真千子主演ドラマ 最終回視聴率は11.6%

まんたんウェブ 9/16(金) 10:11配信

 女優の尾野真千子さんが主演する連続ドラマ「はじめまして、愛しています。」(テレビ朝日系)の最終回が15日に放送され、平均視聴率は11.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

【写真特集】尾野&江口 花嫁姿でラブラブ“挙式” 江口洋介の手が腰に…

 「はじめまして、愛しています。」は、「家政婦のミタ」などの遊川和彦さんが脚本を担当。親に捨てられた男の子・ハジメ(横山歩くん)と出会ったピアニストの梅田美奈(尾野さん)と夫の信次(江口洋介さん)が、特別養子縁組でハジメと親子になろうとする姿を描いた。

 最終話は、美奈と信次が、ハジメを養育するのに適していると家庭裁判所に監護者指定を申し立てるが却下されてしまい、すぐさま高裁への上訴を決断するが、その矢先、ハジメの生みの親の泉(志田未来さん)が遺書を残して姿を消したことを知り……という展開だった。

最終更新:9/16(金) 10:11

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]