ここから本文です

穂積、勝ってまな娘をリングへ!計量後はサムゲタンで回復/BOX

サンケイスポーツ 9月16日(金)7時0分配信

 プロボクシングのダブル世界戦(16日、エディオンアリーナ大阪)の前日計量が15日、大阪市内で行われ、Sバンタム級王者ウーゴ・ルイス(29)=メキシコ=に挑む同5位の長谷川穂積(35)=真正=は、リミットの55・3キロで一発パスした。日本歴代2位に並ぶ11度目の防衛を目指すバンタム級王者の山中慎介(33)=帝拳=はリミットの53・5キロ、挑戦者の同級1位、アンセルモ・モレノ(31)=パナマ=は53・4キロで一発パスした。

 子供の願いをかなえるのが親の務め。長谷川はまな娘の寝顔に勝利を誓った。

 「とりあえずリングに上がりたいといってるんでかなえてあげたい。今までで、一番上がりたいといっている」

 前日計量はリミットちょうどの55・3キロで一発クリア。前夜は10歳になった穂乃ちゃんと一緒にベッドに入った。家族がリングに上がるのは世界戦での勝利時のみと決めている。3階級制覇&35歳9カ月での国内最年長世界王座獲得記録を更新し、長男大翔くん(13)を含めて長谷川家の勝利の儀式を復活させる。

 計量後は、神戸大丸で購入したという1500円のサムゲタンで回復に努めた。「ほんまにうまい。これがうまいのか、嫁が解凍してくれたからうまいのか」と“愛情スープ”に上機嫌で周囲を笑わせた。

 「ここまで順調にきました。あしたはやるだけ」

 心も体も家族に満たされた。すべてを集大成のリングに捧げる。

最終更新:9月16日(金)8時25分

サンケイスポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。