ここから本文です

ジェイエア、事務系正社員の新卒・経験者募集

Aviation Wire 9/16(金) 17:17配信

 日本航空(JAL/JL、9201)グループで地方路線を担うジェイエア(JAR/XM)は9月15日、事務系正社員の新卒者と経験者の採用を開始した。応募の締切は10月28日で、エントリーシートを郵送する。

 採用はいずれも若干名。入社時期は経験者が12月1日以降、新卒者が2017年4月1日以降を予定している。仕事内容は、経験者は運航乗務員の養成を主とする地上教官などで、中長期的には運航部門を中心とする、事業計画や組織運営を担うことを期待している。新卒者については、現業のサポート部門などが中心となる。

 経験者採用の応募資格は、高校卒業以上で年齢は35歳程度まで。計器飛行証明や運航管理者、 国の定める航空機整備士、管制官など、航空に関する資格の保持者が望ましいとしている。

 新卒者の応募資格は、2014年4月から今年3月までに4年制大学を卒業または大学院修士課程を修了しているか、今年4月から2017年3月までの間に4年制大学か大学院修士課程を卒業・修了見込みの人。

 いずれも英語力は、TOEIC 550点以上または英検2級以上相当が望ましいとしている。

 選考方法は経験者と新卒者ともに、書類選考と筆記試験、面接などを実施する。

 ジェイエアは現在、エンブラエル170(E170)型機を17機、エンブラエル190(E190)型機を3機、ボンバルディアCRJ200型機を8機の計28機を保有。伊丹空港を拠点に、国内31路線を運航している。また、三菱航空機が開発中のリージョナルジェット機「MRJ」を32機導入する。

 ジェイエアが既卒の経験者を採用するのは2014年入社の社員以来、新卒は2013年以来の採用再開となる。2012年度以降に採用した事務系社員の人数は、既卒者が2012年度に6人と2014年度に1人、新卒者は2013年度に9人となっている。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:9/16(金) 17:17

Aviation Wire