ここから本文です

【TGS2016】PSVR『V!勇者のくせになまいきだR』でミニチュア世界を眺める“破壊神”気分を堪能!

インサイド 9月16日(金)1時5分配信

2016年9月15日~18日に開催されている「東京ゲームショウ2016」、世界中から数多くのゲームタイトルが出展されている本イベントですが、今回はソニー・インタラクティブエンタテインメントのブースに登場していたPS4『V!勇者のくせになまいきだR』のプレイレポをお届けします。

【関連画像】

『V!勇者のくせになまいきだR』は、『勇者のくせになまいきだ』シリーズ最新作となるPlayStation VR(PS VR)専用リアルタイムストラテジーゲームです。プレイヤーは破壊神として、大地にさまざまな魔物の巣を作り世界の支配を目指していきます。

ダンジョンを作りその中で生態系を完成させていくというイメージの『勇者のくせになまいきだ』シリーズですが、本作の見た目はまるでボードゲームのように進化。ボード上には、拠点となる「暗黒の塔」が存在するため、ここから魔物たちを配置して勇者たちの村を破壊することが目的となります。

魔物や勇者はもちろん、魔王もドット絵ではなく3D CGになっていることも特徴。俯瞰するように魔物や街を眺めていると、ミニチュアのおもちゃを並べて遊んでいるかのような気分になってきます。まさしく破壊神になったかのようでした。

さて、破壊神の仕事は各所に「魔物の巣」を設置すること。巣は、暗黒の塔もしくは他の巣の近くとなる紫色の大地にしか置けないため、配置を繰り返しじっくりと領土を広げていきます。魔物には食物連鎖が存在するため、うまく配置すれば繁殖が進むことも。

昼は勇者が攻めてくるため防戦一方ですが、夜になると魔物たちが進軍できるようになります。デモ版では3種類の魔物を深く考えずに配置しても、意外とあっさり勇者たちを全滅させることができました。

リニューアルした見た目やゲームシステムには魅力を感じられましたが、VRである意味をそこまで感じられない一面もありました。フィールドが広いため視点を自由に動かせるのはいいものの、HMDをつけずにじっくりとプレイしたいジャンルでもありますし、操作説明を見るためにわざわざ首を左右に振るのにも疑問を感じました。

とはいえ、現在はデモ段階のためこれからVR専用ソフトとして魅力が磨かれていくことでしょう。また、魔物の巣の配置による戦略がどこまで奥深くなっていくかも気になるところです。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
『V!勇者のくせになまいきだR』は2017年発売予定です。

(C)Sony Interactive Entertainment Inc.

最終更新:9月16日(金)1時5分

インサイド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。