ここから本文です

〔台風16号〕あす17日午前に先島諸島最接近か 暴風・高波に厳重警戒(9/16)

レスキューナウニュース 9月16日(金)4時50分配信

16日03:00現在、強い台風16号はフィリピンの東海上を発達しながら北西に進んでおり、今後は非常に強い勢力になって、あす17日午前には沖縄県の先島諸島に最接近するとみられます。
先島諸島では17日の未明には猛烈な風が吹き、海は猛烈なしけとなるとともに、1時間に80mmの猛烈な雨が降るおそれがあります。暴風や高波に厳重に警戒し、低地の浸水、土砂災害、河川の増水やはん濫、高潮による浸水や冠水に警戒するとともに、最新の台風情報や気象情報に留意してください。

■今後の見通し
<大雨>
【予想1時間雨量】(17日)
・80mm 八重山地方

<強風>最大瞬間風速(~17日)
・70m/s 八重山地方
・35m/s 宮古島地方
・25m/s 沖縄本島地方

<高波>(~17日)
・12m  八重山地方
・ 8m  宮古島地方
・ 5m  沖縄本島地方
※いずれもうねりを伴う

<高潮>予想される最高潮位(標高)(~17日)
・ 2m 八重山地方
・1.3m 宮古島地方

■防災事項
・厳重警戒:暴風、高波
・警戒  :低地の浸水、土砂災害、河川の増水やはん濫、高潮による浸水や冠水

◆用語解説「猛烈な雨」
1時間80mm以上の雨、息苦しくなるような圧迫感があり恐怖を感じるような状態で、傘は全く役に立たなくなる。水しぶきであたり一面が白っぽくなり視界が悪くなり、車の運転は危険とされる。大規模災害の発生するおそれが強く、厳重な警戒が必要。

レスキューナウ

最終更新:9月16日(金)5時15分

レスキューナウニュース

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。