ここから本文です

国有林伐採、新ルートか 県提出書類に示されず

琉球新報 9月16日(金)5時0分配信

 【ヘリパッド取材班】東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場で新たなヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)が建設されている問題で、沖縄防衛局が県に提出した「北部訓練場ヘリコプター着陸帯移設事業(仮称)環境影響評価検討図書」に示されていない国有林が伐採されていることが15日、分かった。本紙が入手した写真で明らかになった。伐採されていた場所はN1地区から通称「N1裏」に続くルートの中間付近から、検討図書に示されたN1地区からH地区に向けた工事用モノレール敷設ルート付近まで及んでいた。新たな伐採の事実関係について、15日午後9時現在、沖縄防衛局からの回答はない。


 7月に提出された検討図書には、資機材の運搬用として全長1・2キロにも及ぶ工事用モノレールのルート図が示されている。だが、今回確認されたルートは検討図書に記載されていない。関係者によると、伐採が確認されたルートの距離は約200メートルで、広い所では約4メートルの幅があった。

 沖縄平和運動センターの山城博治議長は、伐採が確認されたルートを含め、検討図書に示された工事用モノレールの敷設ルートがモノレールではなく、大型工事車両の進入路になるのではとの見方を示した上で、「だまし討ちのような工事だ。見えない部分だから何をしてもいいと思っているのだろう」と話した。

琉球新報社

最終更新:9月16日(金)10時48分

琉球新報

【生中継】小池百合子都知事の会見