ここから本文です

岸和田だんじり祭試験曳き 17日「宵宮」前に豪快なやり回し

THE PAGE 9/16(金) 15:53配信

17日に「宵宮」18日に「本宮」

岸和田だんじり祭試験曳き 17日「宵宮」前に豪快なやり回し 春木地区 撮影・編集:柳曽文隆 THEPAGE大阪

 いよいよ明日からでっせ──。大阪・泉州の秋の風物詩「岸和田だんじり祭」の試験曳きが16日午後、岸和田市内で行われ、街中を各町のだんじりが勇壮に駆け抜けた。同祭は、17日に「宵宮」、18日に「本宮」を迎える。

【写真特集と動画】岸和田だんじり祭2016試験曳き 春木地区

春木駅前も多くの見物人が歓声あげる

 同市春木若松町にある南海・春木駅前では、だんじり囃子と太鼓の音が鳴り響き、駅前道路の角で勢いよく「やり回し」で駆け抜けていく。駅前の歩道には多くの見物人が訪れ、近くにある保育園の園児らは集団で見物に訪れ、だんじりが登場するたびに「すごい」「はやいー」と歓声をあげる。

 毎年見物に訪れるという泉大津市の60代の男性は「これが見たくて、用事をあけてやってきます」とうれしそうに語る。目の前で行われる、やり回しを写真におさめようと、集中してシャッターを切っていた。また、別の男性は「試験曳きといっても、みんな1年待ちに待っただんじりなんで、今は力があって、やりまわしも迫力あるんですよね」とうれしそうに話していた。

 大阪管区気象台によると、同日午後2時までに大阪市内では最高気温31.3度を観測。秋とはいえ暑さが続くが、岸和田はあす17日からは、さらに元気な掛け声やお囃子が聞かれそうだ。

地図URL:http://map.yahoo.co.jp/maps?lat=34.477714396673015&lon=135.39192673633474&z=14

最終更新:9/16(金) 18:43

THE PAGE

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。