ここから本文です

モッチェ永井、ニュー・シングル「ボストンバッグ」の試聴動画を限定公開

CDジャーナル 9/16(金) 19:46配信

 2015年にアルバム『モッチェ永井』でデビュー、その2010年代的ルーツ・ミュージックといえるサウンドと大きくよく通る声で高い評価を受けたシンガー・ソングライター、モッチェ永井が10月5日(水)にアナログ7inchレコード付きCDシングル「ボストンバッグ」をリリース。前作「ふたりの愛ランド」と同様プロデューサーに松田“CHABE”岳二を迎えたこのシングルの限定試聴動画が公開されています。

 プロデューサーの松田“CHABE”岳二(per)はもちろんFRONTIER BACKYARDの福田“TDC”忠章(dr)、SAWAGIの水上弘一(pf, org)という豪華メンバーが参加したこのシングル。試聴動画はウェブ・マガジン「CDジャーナル」限定での公開となっており、モッチェならではの“ズンチャカ・スウィング”を響かせるタイトル曲「ボストンバッグ」に加え、ジャズの巨人エロール・ガーナーの名作をラヴァーズ・ロック風にカヴァーしたカップリング「ミスティー」をいち早く楽しむことができます。

 現在、モッチェ永井は西日本方面を中心とした〈モッチェ永井 秋のRockin'珍道中ツアー〉を開催中。LEARNERSのCHIE(g)、The eskargot milesの北野原光生(dr)との新編成となっており、すでに行なわれた神奈川・小田原 喫茶 mago公演に続き、9月16日(金)の大阪・塚本 HOWLIN'BARから22日(木)の愛知・名古屋 今池 valentinedriveまで、1週間連続でライヴを敢行します。予約はメールにて受付中。各公演の詳細はHanxアーティスト・ページ(hanx-inc.com/records/mocche-nagai)にてご確認ください。

最終更新:9/16(金) 19:46

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]