ここから本文です

市民寄せた貴重な80点 長嶋茂雄さん写真展―伊豆の国

伊豆新聞 9月16日(金)13時1分配信

 現役時代に大仁町(現伊豆の国市)でトレーニングに励んだ読売巨人軍終身名誉監督、長嶋茂雄さんの写真展が15日、同市の大仁駅前商店街などで始まった。伝説の“大仁山ごもり”や、43年ぶりとなった5月の同市訪問時の様子など、市民らが寄せた貴重な写真約80点を展示している。10月9日まで。

 市内では10月9日に巨人軍OBを招いた少年野球教室が開かれる予定で、写真展は大仁地区の住民有志でつくる「おもてなし・ふるさと再発見大仁実行委委員会」が教室を盛り上げようとコンテスト形式で募集。商店や金融機関、郵便局など25カ所に展示した。

 ■「富士の間」の1枚にMVP

 金賞のMVP賞には、長嶋さんが5月の訪問時、現役時代に利用していた大仁温泉ホテル(現大仁ホテル)の「富士の間」の前に立つ1枚が選ばれた。大仁駅で市民と笑顔で触れ合ったり、韮山反射炉で説明を受けたりしている写真もあり、当時の興奮を今によみがえらせている。

 現役時代のトレーニングでは、足腰を鍛えた城山で近所の少年とツーショットに収まったり、吉田神社で素振りに励んだりしている貴重な写真が並び、ファンの注目を集めている。

 実行委員で市商工会女性部長の橋本真理子さんは「5月の訪問時、城山にちなんだ地元の菓子をプレゼントしたら『なつかしい』とおっしゃって、優しくダンディーな方だった」と笑顔。「お店で長嶋さんの写真を見ながらおしゃべりに花を咲かせることが、商店街の活性化につながっていけばうれしい」と話した。

 写真コンテストの審査結果は次の通り。

 MVP賞(金賞) 佐々木善次(吉田)▽ホームラン賞(銀賞) 永岡一正(大仁)▽首位打者賞(銅賞) 間宮智子(大仁)▽ゴールデングラブ賞(佳作) 青山康弘、小川昭司、永岡一正(大仁)滝口久富(長岡)鈴木達子(南条)

 【写説】長嶋さんの現役時代のトレーニングや5月の訪問時の様子など貴重な写真が並ぶ=伊豆の国市の大仁郵便局

最終更新:9月16日(金)16時17分

伊豆新聞